二重整形をしたいけど仕事を休めない社会人必見│タイミングやダウンタイムの少ない埋没法について

二重整形をしたくても社会人の場合は仕事があってなかなかタイミングがないのが現実。「長い期間休めない、でも職場にはバレずに二重整形をしたい…!」そんな社会人の方に二重整形のタイミングや早く仕事に復帰するための方法をご紹介したいと思います。

7+
二重整形 無料カウンセリング予約

社会人が二重整形をするタイミング

二重整形には手術後のダウンタイムがつきもの。

休みを取りにくい社会人にとっては、なかなか二重整形のタイミングを決めるのは難しいですよね。

適切なタイミングは術式によって異なります

施術法の特徴をそれぞれ確認しながら対策を考えていきましょう。

埋没法を受けたい場合

医療用の細い糸をまぶたの裏側の皮膚に留めることで二重を作る埋没法。

メスを使わないため手術時間が15分と短いところや抜糸の必要がないため通院せずに済むところは、忙しい社会人にとっては嬉しいポイントです。

なかでも最も大きなポイントになるのは、ダウンタイム(腫れや痛みが治まるまでの期間)の長さ
切らないプチ整形である埋没法は、メスを使う切開法に比べてまぶたにかかる負担が少ないため、ダウンタイムが短く済むのです。

一般的に腫れのピークは2~3日と言われており、4日目以降は腫れが落ち着いてきます。

そのため最低3日間休みを取ることができれば、仕事に復帰することができるでしょう。

しかし腫れの度合いには個人差がありますし、完全に二重が安定するまでには1カ月ほど時間がかかるため、ゴールデンウイークやお盆休みなどの長期休暇に合わせておくと安心です。

ただこれらの時期には予約がかなり混み合うため、時間に余裕を持って予約を済ませましょう。

  • まぶたが薄く、早く仕事に復帰したい方にはプチ整形の埋没法が最適
  • 最低で3日間の休みが必要
  • 長期休暇などで休みを多めに取ると安心

切開法を受けたい場合

まぶたが厚く埋没法が適さない場合は、まぶたの余分な脂肪や皮膚を取り除く切開法が最適でしょう。

しかし切開法はメスを入れる方法ですので、どうしてもダウンタイムが長くかかってしまったり、抜糸のための通院が必要になります。

多くの場合腫れのピークは1~2週間ほど続きますし、腫れが治まるのに3か月、完全に二重が安定するまでは6か月~1年ほどかかると言われています。

そのため切開法の場合は上司と休暇期間の交渉を試みる、あるいは転職を考える必要があるでしょう。

切開法をお考えの方は今一度、仕事と二重整形どちらの優先度が高いかをしっかりと考えた上で手術に踏み切りましょう。

まぶたが厚くても取れにくい埋没法の施術を用意しているクリニックもありますので、複数のクリニックで術式の相談をしても良いかもしれません。

  • まぶたが厚い方には切開法が最適
  • ダウンタイムが長いため数週間~数か月は人前に出るのが難しい
  • 上司に交渉または転職を考える必要がある

予約の調整方法

まずはカウンセリングに行き、ダウンタイムなどを考慮しながら自分に合った施術法を見つけましょう

施術法が決まったらクリニックの空き状況を確認し、仕事と兼ね合いを見ながら予約を済ませましょう。

繰り返しになりますが、長期休暇を狙う場合、あるいは人気のクリニックの場合は2~3か月先まで予約が埋まってしまっていることもありますので、早めの予約を心掛けることが大切です。

 

早く仕事に復帰するために

① 腫れにくい施術を選ぶ

できるだけ早く仕事に復帰するためには、あらかじめ腫れにくい施術を選ぶというのも大切です。

ここでは腫れにくい施術を二つご紹介します。

1dayナチュラルクイック法ハイパー

品川美容外科 1dayナチュラルクイック法®ハイパー

こちらは品川美容外科が行っている埋没法の一つで、体内で分解されない極細で高強度の心臓外科用糸を使用しているため腫れにくく戻りにくいことに加え、自然な二重に仕上がります。

メイクも翌日から可能なので、どうしても腫れが気になる方はメイクで隠すこともできます。

品川美容外科について詳しく見る

腫れづらいばれづらい二重術

湘南美容クリニック 腫れづらいばれづらい二重術

こちらは湘南美容外科が行っている埋没法の一つで、こちらも品川美容外科と同じく極細で高強度の心臓外科用糸を使用しているため、糸が体内で分解されず腫れにくく戻りにくい自然な二重に仕上がります。

値段は品川美容外科の「1dayナチュラルクイック法ハイパー」よりも安いですが、メイクができるのは2日後からのため、休みが取れる方で値段を抑えたい人は検討してみてください。

湘南美容外科について詳しく見る

② とにかくまぶたを冷やす

二重整形後にきちんとまぶたを冷やすか冷やさないかで腫れの具合は大きく変わります。

帰宅後には保冷剤などを使ってまぶたやこめかみを冷やしましょう

冷やす際には、直接保冷剤を当ててしまうとまぶたを傷つけてしまう可能性があるため、必ずタオルにくるんだ状態で当てるようにしましょう。

そのほかにも腫れを抑えるために生活の中で気を付けられることはたくさんあります。

こちらの記事では腫れを抑えるダウンタイムの過ごし方をご紹介していますので参考にしてみてください。

二重整形後の腫れを治す方法について詳しく見る

③ 仕事終わりに受ける

すこしでも休日の日数を減らすためには、仕事終わりに二重整形を受けてしまうのも一つの手。

特に埋没法の場合は手術自体が15分ほどで済んでしまうため、仕事終わりの手術も不可能ではありません。

仕事終わりに手術を受ける場合はクリニックの営業時間に注意しましょう。

ちなみに品川美容外科は夜20時まで営業している医院を全国に多く展開しています。
品川美容外科について詳しく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

品川美容外科について詳しく見る

 

二重整形後にエステはOK?

日頃からフェイシャルエステなどに通っている方だと「整形後にエステを受けても大丈夫?」と不安に思うかもしれません。

結論としては、二重整形後にはフェイシャルエステなどは受けないほうがいいでしょう。

なぜならフェイシャルエステで目の周りを強くこすってしまうと埋没法の場合に糸が取れてしまう可能性がとても高いからです。

また切開法の場合も術後しばらくは二重が安定しないため、少なくとも二重が安定するまでは受けないほうがいいでしょう。

また、全身のエステも血行を良くしてしまうと腫れを長引かせる原因になってしまうので、同様に腫れが治まるまでは受けないほうがいいでしょう。

 

【まとめ】
仕事と二重整形を両立させるには

二重になりたい気持ちが大きくても、仕事だって同じくらい大事ですよね。

仕事を続けながら二重整形で満足のいく結果を得るには、まず第一にカウンセリングで医師とよく相談しながら自分に合った施術を見つけることが大切です。

クリニックの先生もこれまでに多くの社会人の方々を診てきているはずですので、同じ境遇の人がどのようにやり過ごしているかを聞いてみると非常に参考になるのではないでしょうか。

まずはカウンセリングで医師に相談し、仕事も二重整形も両立するための、自分にぴったりの答えを見つけましょう。

こちらのページでは無料カウンセリングを行っているクリニックを、カウンセリングやアフターケアなどの気になるポイントを抑えながら紹介しています。

カウンセリング予約がこれからという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

無料カウンセリングを行っている
クリニックはこちら

 

こんな記事も読まれています

7+

二重整形ができるクリニック

品川美容外科

二重整形メディアチェルアイズ 品川美容外科

  • 医師一人ひとりの技術が優れている
  • 低価格でできる分かりやすい料金設定
  • 全国40院・創業31年、症例730万の信頼と実績
▶ 詳細はこちら

湘南美容外科

二重整形メディアチェルアイズ 湘南美容外科

  • 二重整形を低価格・高品質で提供
  • クリニック数はNo.1の全国80院
  • 整形後の補償制度も充実
▶ 詳細はこちら

東京中央美容外科

二重整形メディアチェルアイズ 東京中央美容外科

  • 丁寧なカウンセリングで安心できる治療
  • ダウンタイムの少ないプチ整形の充実
  • 完全個室などプライバシーの徹底管理
▶ 詳細はこちら

東京イセアクリニック

二重整形メディアチェルアイズ 東京イセアクリニック

  • 再手術の保証が無料だから安心
  • 学生にお得な学生プランが充実している
  • カウンセリングの充実
▶ 詳細はこちら

東京美容外科

二重整形メディアチェルアイズ 東京美容外科

  • 確かな実績と経験をもつ医師が担当
  • お客様が納得行くまでの充分な説明
  • 一生涯対応してくれるアフターケア
▶ 詳細はこちら

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。