二重整形の腫れはどのくらいで引くのか コラム

二重整形の腫れはどのくらいで引くのか

「二重整形をしたいけど腫れがどのくらい続くのか分からない」「整形して数日たったけど腫れが引いてこない」など、二重整形は「腫れ」について悩まれる方が多くいます。

実際腫れている期間はどのくらいなのか、もし腫れがひどかったらどうしたらいいか、様々な「腫れ」の悩みについて解決していきます。

二重整形は必ず腫れる?

Chel 二重整形 腫れ ダウンタイム

結論から申し上げると、二重整形は埋没法などの簡単な整形であっても必ず腫れます。

特にちょっとぶつかっただけですぐ内出血ができてしまう人や、まぶたがむくみやすい体質の人は、腫れが強く出て長引きやすい傾向があります。

施術方法でも腫れの具合は大きく変わってきます。
一般的に埋没法は腫れが少なく、切開法は腫れが大きく出ると言われています。

しかし、アフターケアなどの対策をしっかりすることで、腫れをコントロールすることは可能です。

まずは埋没法と切開法がどのような腫れ具合で、それが何日間続くのか見ていきましょう。

 

埋没法の腫れ

Chel 二重整形 埋没法埋没法とは、メスを入れないで二重にできる二重整形法です。 医療用の糸を使い二重を作ります。

メスを使わないので目にとって負担が少なく、腫れも比較的小さいです。

埋没法を受けるとまぶたには切り傷でなく、糸を通した穴の跡が残ります。糸を留める点数にもよりますが、これも小さな穴なので3日前後でふさがります。

ふさがった後は、穴の跡が残ることはないので安心してください。

また、当サイト「chel」では病院取材も行っていて、先生も埋没法の腫れについてはこのようにお話ししていました。

埋没法は1週間で、ある程度の腫れはおさまるので、1週間もたてば幅も落ち着いてきます。
腫れというのも、ハチに刺されたようなひどいものではなく、幅が広かったり、それによって派手すぎる印象になるだけなので、安心してください。
さらにメイクをすれば、ほとんど目立たない程度のものです。

引用元東京美容外科新宿院にインタビューしてきました!

個人差はありますが、1週間以上もひどい腫れが続くようなことはなさそうですね。

 

埋没法の腫れの経過

下は、埋没法術後の腫れの一例です。
※腫れには個人差があります。

手術当日…手術直後から時間が経つにつれて腫れが大きくなります。目を閉じると留めた箇所は赤く、二重幅はかなり広いです。
安静にして、しっかり冷やすなどのアフターケアをしてください。
下矢印
2日目腫れのピークです。昨日はなかった内出血が出たり、ひどくなることもあります。
目を閉じると留めた箇所がまだ赤いです。まぶたの裏に違和感が出ることもあり、不安に感じると思いますが、まずは経過を見ましょう。

1日目同様安静にしてください。

下矢印
3日目…2日目同様腫れのピークです。しかし、クリニックによってはアイメイクやコンタクトが可能になります。アイラインを引いたりして、ごまかすことも出来ます。

しかし、目を閉じるとまだ糸の跡が分かるかもしれません。内出血がひどい場合は、腫れが長引くこともあるので、メイクなどせず安静にしましょう。

下矢印
5日目腫れのピークは過ぎるでしょう。だいぶ糸を通した傷口も分からなくなります。
いつもより少し濃いめのアイシャドウを使うなどすれば、整形がバレることもなさそうです。内出血がひどい方も少しずつ消えていくでしょう。

ただ、腫れが完全に収まるわけではないので、枕を高くして寝るなどは継続してください。

下矢印
7日目腫れがほぼ収まります。目を閉じても糸を通した跡など消え、綺麗な二重のラインになります。通常のアイメイクでも腫れが目立たなくなり、内出血も収まってきます。

この時点でまぶたに違和感や痛みがある方は、施術を受けたクリニックに問い合わせてもいいかもしれません。

下矢印
14日目二重がだんだん定着してきます。腫れや内出血が分からなくなります。
いつものメイクができ、運動やお風呂などもは入れるので、通常の生活に戻れているでしょう。
下矢印
1ヶ月…二重の幅も徐々に狭まり、希望の二重幅に定着します。目を閉じても線が消えて、綺麗な二重になります。初めて会った人にスッピンでも整形だとバレることはないでしょう。

この時点で幅が希望と全然違ったり、ラインが綺麗でない場合はクリニックでやり直しが可能になります。

 

やはり、術後3日前後は腫れのピークで人に会うと不自然に思われてしまうかもしれません。
ひどい内出血さえ起こらなければ、3日前後からのアイメイクで不自然さはカバーできそうです。

1週間前後には大きな腫れも収まるので、通常の生活に戻れます。
しかし、見た目では何ともなく見えていても腫れていることがほとんどですので、あまりまぶた触れないように注意してください。

 

切開法の腫れ

Chel 二重整形 切開法切開法は半永久的な二重が手に入る分、メスを入れるので腫れは大きいです。

まぶたをメスで切るので、縫合するとはいえ切り傷も残ります。

なので、腫れやバレることが気になる方には切開法はあまりオススメできません。
ただ、時間が経てば腫れも傷も治るので、治りさえすればバレることのない綺麗な二重になります。

 

切開法の腫れの経過

下は、全切開法術後の腫れ具合の一例です。

2週間前後…腫れのピーク
3か月前後…ダウンタイム期間(大体の腫れが収まる)
6ヶ月前後…見た目にはわからないけれど腫れている
1年前後…二重完成
※個人差があります

切開法はやはりメスを使用するため、埋没法に比べて二重の完成までの期間が長いです。

切開法はまぶただけでなく、目の周りも腫れや、内出血を起こす場合もあります。

1週間前後で抜糸をおこないますが、この頃はまだ腫れも切り傷も痛々しいでしょう。抜糸後はアイメイクが可能なクリニックが多いので、いつもより濃いメイクならごまかすことも出来ます。

1か月経つ頃には、切り傷の赤みも収まり、腫れもピークを過ぎるでしょう。

早い人は3か月前後で傷が目立たなくなり、一本の線になります。目を開けている時に整形だとは分からなくなってきます。

術後半年から1年経つ頃には個人差はありますが完成に近づきます。

 

腫れないために手術前・手術中に気を付けること

Chel 二重整形 気を付けること実は手術後だけではなく、手術前や手術中にも腫れを抑える対策ができます。

手術前

二重の幅のデザインに気を付ける

二重の幅を広く希望した場合、術後の腫れている時は更に幅が広くなるので、腫れが目立つ可能性があります。

手術後時間に余裕があり腫れをあまり気にしない人は良いと思いますが、仕事や学校があり腫れを極力早く目立ちにくくしたい人は、腫れのことも考えて二重幅を選んでみてください。

むくみ対策を行う

二重整形を行う際、体がむくんでいると腫れが出やすいと言われています。

また、顔がむくんでいると整形後のシミレーションがうまくできないため、施術を行う医師側にとっても難しいとされています。

こまめな水分補給、お酒の飲みすぎと塩分を控える、温かく締め付けない服装を心掛けてみてください。

 

手術中

手術中に目に力を入れない

手術中に目に力を入れていると、手術中の出血量も多くなり、腫れが強く出ます。

最初の麻酔をする段階で怖くなってしまう人も多くいるみたいですが、実際二重整形の麻酔は歯医者さんで虫歯治療に使う麻酔より痛くないと言う人もいるくらい優しいものなので、肩の力を抜いてリラックスしてみましょう。

二重整形 手術中緊張してしまう人は意識を呼吸に持っていくだけでも大きく変わります。

麻酔をいざするとなった時に、鼻から大きく息を吸い込んでみてください。

手術中は麻酔をしているので痛みはないですが、まぶたをいじられているのが気になってしまうと知らないうちにまぶたに力が入ってしまうこともあります。

難しいとは思いますが、手術中は治療以外の別のことを考えたりして意識をまぶたに持っていかないようにしてみましょう。

どうしても心配な方は笑気麻酔(しょうきますい)静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)をオススメします。

この2つの麻酔はどちらも意識を飛ばすまではせずに、不安や恐怖心を取り除くことができるもので、リラックスして治療を受けることができます。

例えるならお酒を飲んで少し酔っぱらったような感じです。

 

手術後の腫れ対策

Chel 二重整形 腫れ

一番重要になってくるのが、手術後のケアです。

これをしっかりとするかしないかで大きく腫れ具合が変わってきますので、少し手間ではありますが是非試して欲しいです。

冷やす

手術後は良くまぶたを冷やしてあげましょう。

この時にまぶたを冷やすというより、眉毛のあたりやこめかみなどの周りを冷やすことを意識してみてください。

そうすることで、まぶたの傷口や炎症部分を刺激してしまうことなく熱を発散させることができます。

 

目を疲れさせるものは長時間使わない

手術後は目が疲れている状態なので、PCやスマホなどを長時間使用することは控えてください。

 

枕に位置を高くする

目が心臓より低い位置に来るとむくみやすくなるので、横になる時には枕を高くしたり背中にクッションなどを挟んで上半身を起こし気味にすると効果的です。

 

必要以上に触ったりこすったりしない

ついついまぶたが気になって触ってしまったり、うっかりこすってしまうと炎症がひどくなることもあります。

特にアイメイクをできるようになった後、メイクを落とす際には十分に注意してください。

 

アイメイク

手術後は埋没法は3日間、切開法は抜糸をするまではアイメイクをしないでください。

しかしこれはあくまでも目安なので詳しい期間は担当の医師に聞いてみてください。

メイクができるようになった後も、極力まぶたに負担をかけないメイクを心掛けましょう。

特に濃いアイシャドウやウォータープルーフのマスカラはメイクをする時だけでなく落とす時にもこすったりして負担をかける危険性があります。

なるべくならあまりまぶたにはアイメイクをせず、マスカラはお湯で落ちるタイプのもの使用してみてください。

 

熱いお風呂、運動、アルコールなど体を温めすぎない

体を温めると血行が良くなって、腫れを悪化させてしまうこともあります。

お風呂でなくシャワーにしたり、運動やお酒は手術後1週間程度はできるだけ控えましょう。

 

腫れない二重整形なら

湘南美容外科

湘南美容外科には学生や、社会人などの長期的なお休みがなかなか取れない方のために、施術直後からメイク可能な施術も用意しています。

バレない二重整形 湘南美容外科

施術後の腫れが気になる方は、カウンセリングでお休みが取れないことなど相談してみてはいかがでしょうか。最適なプランを提案してくれます。

クリニック一覧・カウンセリング予約はコチラ

 

品川美容外科

品川美容外科には腫れの少ない、戻りにくい実績の多い埋没法のプランがあります。
麻酔にもこだわっているので、痛みが少ないのも特徴です。

品川美容外科 腫れない二重

クリニック一覧・カウンセリング予約はコチラ

 

【まとめ】二重整形の腫れはどのくらい

Chel 二重整形 腫れ ケア

二重整形を受けるとまぶたは腫れます。

なるべく腫れさせたくない、周りにバレたくないと思う方は、埋没法を受けましょう。

埋没法の腫れは、

術後2~3日前後が腫れのピーク。3日後にはメイク可能な場合が多い。
1週間前後で大きな腫れは収まり、少し二重幅が広い程度の腫れ。跡もなくなる。
1か月経つ頃には腫れも収まってきて、整形したのがわからない程まぶたも綺麗になる。
※個人差があります

と、術後1週間前後で、ほぼバレることないくらいの腫れで二重にすることが出来ます。

さらに、手術前や手術中は、

・二重幅を広げすぎない
・むくませない
・目に力を入れない

手術後は、

・目を疲れさせない
・冷やす
・枕を高くする
・血行を良くし過ぎない

など、腫れさせない予防や対策をすることで、腫れている期間を減らし、理想の二重に早くたどり着けます。

さらにこの方法は整形以外に目が腫れたとき(泣いた時など)にも活用できます。ぜひ試してみてください。

それでも、腫れが心配な方は、湘南美容外科には「腫れづらいばれづらい二重術」などあるので、そういったプランを選んでみてはいかがでしょうか。

湘南美容外科のここがスゴイ!
「美容医療」をもっと身近に感じてもらうために、極限まで価格をおさえて提供している湘南美容外科。学生さんでも手が伸ばしやすい価格設定と圧倒的な店舗数で、気軽に通いやすいですよね。そんな湘南美容外科のオススメポイントや店舗情報を詳しくご紹介します。

人気の記事ランキング

RANKING