病院取材

「まぶたがむくみやすくて安定しない…」銀座みゆき通り美容外科でカウンセリングを受けてみた

今回は、女性の医師が多いクリニックで二重の相談がしたいと考えたChel編集部スタッフが、銀座みゆき通り美容外科でカウンセリングを受けてきました!

大塚美容外科 二重整形

こんにちは。Chel編集部です。

今回は銀座みゆき通り美容外科にお邪魔して、医師の吉積先生にカウンセリングをしていただきました。

カウンセリングを受けた私の悩みは、まぶたがむくみやすいため、アイプチやテープのりなどをしても不自然な二重になってしまうことです。

お酒を飲んだ翌日の私のまぶたは、もう言うことを聞いてくれません。

悩みや相談したいことは山ほどあるけれど、男性の医師に相談するのは恥ずかしい…。

そこで、今回は女性の医師が多いという「銀座みゆき通り美容外科」でカウンセリングをしていただくことになりました。

さっそくカウンセリング開始

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

吉積先生
吉積先生

こんにちは。よろしくお願いします。

じゃあ始めていきますね。

Chel編集部
Chel編集部

よろしくお願いします!

吉積先生
吉積先生

右が一重、左が末広型の奥二重っていう感じで、少し左右差があるかな?

Chel編集部
Chel編集部

そうなんです…二重の時もあるけど安定してない日がほとんどで。

あと、むくみやすいのでお酒飲んだ次の日とかは一重になっちゃいます。

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

吉積先生
吉積先生

今の左目は二重だけど、それに合わせた二重にしたいですか?

それとも、左目の幅ももう少し広げたいですか?

Chel編集部
Chel編集部

自分でもバランスがよくわからなくて…
出来れば平行型がいいんですけど、平行型にしたら逆に目が小さくなってしまうのではないかなという不安があるので、ナチュラルでバランスの取れた二重がいいです。

 

吉積先生
吉積先生

では診察させていただきますので、まぶたを閉じてください。

…少し皮膚が厚いですかね…。

じゃあ、シミュレーションしてみましょう。

Chel編集部
Chel編集部

なるほど…だからむくみやすいんですね。

はい!お願いします。

まぶたの皮膚が厚い人でも平行二重は作れる?

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

Chel編集部
Chel編集部

先生、私のまぶたは平行型二重にできそうですか…?

吉積先生
吉積先生

たしかに蒙古ひだが結構張っているので、平行型になりにくいまぶたですね。

でも、このようなまぶたでも平行型にできますよ!

Chel編集部
Chel編集部

まぶたがむくみやすかったり、皮膚が厚いい人でもできるんですね!

どのような方法があるんですか?

吉積先生
吉積先生

方法としては2種類あります。

1つ目は目頭を切開せずに、幅を広げる方法です。

目頭を切開しなくても平行二重にはできますが、目頭が交錯した感じになるので、自然な平行型二重にはできないかな…。

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

 

Chel編集部
Chel編集部

ほんとですね。結構突っ張った感じがする…。

吉積先生
吉積先生

2つ目は幅を広げずに、目頭を切開する方法ですね。

これですと、きれいでナチュラルな平行二重が作れます。

両目とも蒙古襞が強いので、どうしても末広型になりやすいんですね。

どうしても平行二重になりたいのであれば、やはりこちらの方法が適してるかと思います。

Chel編集部
Chel編集部

さっきよりこっちの方が自然に見えますね。

吉積先生
吉積先生

ただ、目頭切開は切る手術なのでどうしても傷が残ってしまいます。

抜糸は1週間後なので、ダウンタイムが取れるかどうかが重要です。

Chel編集部
Chel編集部

傷はメイクで隠すことが出来ますか?

それと、メイクはいつから可能になるのでしょうか?

吉積先生
吉積先生

できますよ。

抜糸をしたらメイクしていただいても大丈夫なので、それで隠していただいて最終的には傷も目立たなくなるので安心してください。

Chel編集部
Chel編集部

1週間後にはメイクしても大丈夫なんですね!

一番心配していたので安心しました。

埋没法と全切開法の中間の施術方法がある?

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

吉積先生
吉積先生

二重の作り方はいろいろありまして、基本的な方法として2種類あります。

Chel編集部
Chel編集部

聞いたことがあります!

埋没法と全切開法ですよね。

吉積先生
吉積先生

その通りです!

埋没法は切開せずに2か所糸で留める「2点留め」が一般的です。

場合によっては3点留めたり、3本の糸を絡ませあいながら留めていく「三点連結方」なんて方法もあります。

ダウンタイムが少なく、2,3日で腫れも引くので、翌々日からメイクが可能です。

ただ、全切開法と比較すると取れやすいという点がデメリットですね。

Chel編集部
Chel編集部

そうなると、皮膚が厚い私のまぶたには全切開法の方がいいんでしょうか?

吉積先生
吉積先生

埋没法よりも全切開法の方が固定力は勝るので、どなたでも同じことが言えるかと思います。全切開法はくっきりした印象の二重になりますし、安定力は抜群です。

ただ、かなり腫れるのでダウンタイムはかなりかかりますね。

抜糸は埋没法と同じで1週間後ですが、2週間後でもまだ少し腫れてるので、長く見た方がいいです。

Chel編集部
Chel編集部

なるほど…

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

吉積先生
吉積先生

あとは、3つ目として「マイクロ切開」という方法があります。

Chel編集部
Chel編集部

マイクロ切開?

吉積先生
吉積先生

これは、埋没法と全切開法を組み合わせたような方法で、2点留めをしてから、その間を5mmだけ切ります。

その隙間からの脱脂が可能になるので、むくみやすさを軽減させることが出来るんですよ。

ダウンタイムもちょうど埋没法と全切開法の中間くらいですので、お休みできる期間も考慮しながら、それぞれ自分に合った方法を選ぶと良いと思います。

 

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生
もっと詳しく銀座みゆき通り美容外科や吉積先生のことが知りたい方は、取材記事もあわせて読んでみてください。

銀座みゆき通り美容外科にインタビューしてきました!
吉積先生は、銀座みゆき通り美容外科の医師として勤務されています。患者様の理想の姿を実現させるため、ひとりひとり真摯に向き合ってくださる先生です。銀座みゆき通り美容外科では下まぶたを専門としていますが、以前は上まぶたを専門とした美容整形外科に勤務なさっていたため、目の周りの治療に長けていらっしゃいます。今回は銀座みゆき通り美容外科のことや、吉積先生ご自身についてもインタビューさせていただきました。

プロフィール

銀座みゆき通り美容外科 吉積先生

銀座みゆき通り美容外科 医師

吉積 佳世
(ヨシヅミ カヨ)

専門分野

・目の周り

経歴

2006年 三重大学医学部医学科 卒業
2008年 東京大学医学部付属病院 形成外科 入局
2009年 杏林大学医学部付属病院 形成外科 入局
2011年 静岡済生会総合病院 形成外科 入局
2012年 国際医療研究センター 形成外科 入局
2013年 大手美容形成外科 勤務
2015年 大手美容形成外科 院長に就任
2017年 銀座みゆき通り美容形成外科 勤務

所属学会・団体

・日本美容外科学会 正会員(JSAPS)
・日本形成外科学会(形成外科専門医)
・日本創傷外科学会会員 
・日本美容外科医師会 

公式SNSなど

医師紹介(吉積先生) https://www.biyou-clinic.jp/miyuki/clinic/doctor.html

銀座みゆき通り美容外科の公式Instagram https://www.instagram.com/ginza_miyuki/

銀座みゆき通り美容外の公式Facebook
https://www.facebook.com/%E9%8A%80%E5%BA%A7%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D%E9%80%9A%E3%82%8A%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E5%A4%96%E7%A7%91%E7%BE%8E%E5%B9%B8%E4%BC%9A-370922686666542/

クリニックの詳細情報

名称 銀座みゆき通り美容外科
住所

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3
銀座尾張町TOWER 6階・7階
※受付窓口は6階

アクセス

・銀座駅A2出口より徒歩2分(東京メトロ銀座線・日比谷線丸の内線)
・東銀座駅A1出口より徒歩5分(東京メトロ日比谷線・都営浅草線)
・銀座1丁目駅出口より徒歩7分 (東京メトロ 有楽町線)
・有楽町駅より徒歩7分(JR山手線・京浜東北線・東京メトロ有楽町線)
・新橋駅より徒歩9分(JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線・ゆりかもめ)

電話番号

0120-858-800
※フリーダイアルが繋がらない場合はこちら 03-6218-0295

受付時間

【診療時間】10:00~20:00
※完全予約制
※カウンセリングの受付は18:00まで

【電話受付】10:00~20:00

E-mail

info@biyou-clinic.jp
診療に関するご相談はメール相談フォームをご利用へ

公式HP

https://www.biyou-clinic.jp/

人気の記事ランキング

RANKING

「Chel-チェル-」では多くのクリニックの取材を掲載させて頂いております

取材に関するお問い合わせはこちら

「Chel-チェル-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。