未成年の方向け

未成年の方向けのFAQ

いくつか持っていく書類があります。

未成年の方は親の同意書が必須です。その他常用している薬があればお薬手帳もあると安心です。また書類以外では、認印(シャチハタ以外)、整形は保険外治療ですが念のため保険証や身分証明書もあると安心です。

10歳くらいからできると言われています。

二重整形は10歳くらいの小学生からできるといわれています。それまではまだ目の周りの骨が成長するため手術は難しいです。しかし成長過程によって一重だった子も二重になることも良くあるので、慎重に考えることをオススメします。

事前に予約をすれば可能です。

お友達全員が手術を行う場合、事前にご予約を頂ければ大丈夫です。また、お友達や親御さんが付き添いでいらっしゃる、というのも可能です。安心して挑みたいという場合、その方がオススメです。

支払いについては確認の電話があるかもしれません。

クリニックによって異なりますが、ちゃんとした身分証明書や親の同意書があれば確認の電話はないと思います。まれに支払い方法をカードなどのローンで組んだ場合は、自宅や両親に電話で確認されることもありますので、クリニックに確認してみてください。

できるなら2~3日休むことをオススメします。

激しい運動をしないのであれば翌日から行くこともできますが、腫れなどの見た目もありますので、できることなら手術から2~3日は休まれた方が良いかと思います。個人差があると思いますので念のため医師に相談することをオススメします。

学割を実施しているクリニックは多くあります。

クリニックによって異なりますが、学割を実施しているクリニックは多くあります。中には学割を使って5千円程度で両目の二重整形ができるクリニックもあるみたいです。その際には学生証を忘れずに持っていきましょう。

逆さまつげなどの病気を理由にしてみてください。

アイプチや化粧が校則で許されているなら、日ごろから二重にしておくことでごまかしがきくと思います。もしくは言い訳の一つとして埋没法は逆さまつ毛の治療にもなるので、「逆さまつ毛で目が傷ついちゃって視力が落ちたから手術しました。」と言うのも1つの手です。

自然な二重ラインにすることをオススメします。

二重整形をする際に二重のラインを自然な幅にするとバレにくいです。もしくは整形と同時に髪形なども思いっきりイメージチェンジすることで目元への意識をそらすこともできるでしょう。

同意書はご両親の同意のみとなっています。

お父さんもしくはお母さんのどちらかに書いてもらう必要があります。ご両親がどちらもいない場合などの特別な場合のみ、裁判所で未成年後見人をつけることができ、そうすることでご兄弟でも親権を得ることができます。

許可を得ていれば使用できます。

ご両親の許可を得ていれば使えます。支払いの際に、カードのご利用が暗証番号での場合は暗証番号を聞いておきましょう。サインはご利用のカードのご契約者様のお名前を書いて頂ければ大丈夫です。

基本的にできない場合がほとんどです。

高校生の場合、18歳未満の方は自分名義での分割やローン払いができません。ご両親と相談し、カードを借りて分割払いするようになります。18歳以上の方であればカードを持つことができ、ローン払いもできるようになります。

同伴が必要なクリニックもあります。

クリニックによって異なります。同伴までお願いしているところもあれば、同意書を記入してもらうだけで大丈夫なクリニックもあります。心配な方はご両親についてきてもらった方が、支払い方法などに関しても困らないのではないかと思います。

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。