チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

「埋没法は3点留めが人気」切開法などの外科手術の経験も豊富で好評 - オザキクリニックLUXE新宿院 中徳太郎

今回はオザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院の総院長を務めていらっしゃいます、中(ナカ)先生にインタビューをしてきました!朝早くからの取材でしたが中先生は嫌な顔せずにひとつひとつの質問に丁寧に答えてくださいました。また、クリニックの内装は開放感があり居心地の良い空間でした。二重整形をお考えの方はぜひ読んでみてください!

2019年4月15日

取材お問い合わせフォームへ

オザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院の総院長中(ナカ)先生について

チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

美容外科医の道に進まれたきっかけは? 

元々医師を目指していましたが、美容にも興味があったのでその両方に携われる美容外科医の道に進みました。

小さい頃から医学部に行きたいという夢がありました。
その時はまだ漠然と医者になりたいという想いだけでしたが、年を重ねるにつれ美容に対する興味も持ち始め、大学に入って科を決める際にその両方に携われる美容外科を選びました。

美容外科の魅力は、その人の悩みに対してはっきり答えられるというところだと私は思っています。
病気の場合は治療法が見つかっていなかったり原因がわからなかったりと、全ての病気が確実に治せるわけではありません。
その点美容外科ですと解決方法が明確というところが自分の性格に合っているなと感じています。

 

中(ナカ)先生が得意としている施術

クマ治療、リフトアップ、脂肪吸引などです!

最近はクマ治療を目的に来院される方が多いということもあり施術回数も多いため、以前よりクマ治療の腕は上がったと思います。

また小顔を作る施術も得意です。
元々脂肪吸引なども得意でしたので顔の脂肪を取ったり(脂肪吸引)糸でリフトアップをする施術などにも力を入れております。

 

美容外科医としてやりがいを感じる瞬間は?

患者様に仕上がりをご満足いただけた時はとてもやりがいを感じます!

やはり患者様のお悩みを私たちの手で解決して、その仕上がりにご満足していただけた時は美容外科医としてのやりがいを感じます。
当たり前ですが患者様の喜んでいる姿を見ると私もとても嬉しくなりますし「これからも頑張っていこう!」と思わされます。

 

患者様と向き合う際に心掛けていることは?

お悩みや理想をできるだけ詳しくお聞きし、それをどこまで実現できるのかということを正確にお伝えしています。

オザキクリニックは大きな規模ではないですが、その分患者様との時間をしっかり設けております。

そこでできるだけ詳細にお悩みをお聞きし、患者様の理想に対してどのくらいまで近づけられるかということを正確にお伝えしています。
何でも「yes」で答えるのではなく、医師から見て実現できないことに関してもきちんとお伝えしています。

 

理想のクリニック像は?

患者様は多彩なお悩みをお持ちですので、そのお悩みに対してしっかりと向き合い解決に近づけることのできるクリニックを目指しています。

先程も申し上げましたが、オザキクリニックは美容外科の中でも規模が小さい方であると思っています。
しかし、その分ひとりひとりの患者様との時間を作ることができます。
そこでカウンセリングの時間をきちんと設け、お悩みを解決できるよう最善を尽くしております。

また、当院では施術内容で患者様のお時間を決めておりません。
例えば二重整形をする際には患者様によってまぶたの厚みや形が違うだけでなく、緊張をしない方もいれば痛みに敏感な方や恐怖心を持っている方もいらっしゃいます。
そのため、同じ施術であっても患者様によってかかる時間は変わってきます。
ですので、施術内容で時間を決めるのではなく患者様の悩みや性格などもふまえた上で時間を決めています。

オザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院について

チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

オザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院で力を入れている施術

クマ治療の需要が増えてきていることもあり、クマ治療に力を入れています!

最近当院にはクマでお悩みの方がよく来院されますので、クマ治療に関しては特に力を入れています。
クマ治療を受ける患者様は20代後半くらいから30代前半くらいの年齢層の方が多いです。

レーザーで色素沈着を薄くしたり、クマのある部分に影が当たるとどうしても暗く見えてしまうので、形を変えて光が当たりやすいようにする施術もあります。

クマと一言で言っても青クマや茶クマなど種類は様々ありますので、それによって施術方法も異なります。

 

混み合う日時や時間帯

休みの前日は混み合う可能性が高いです!

ダウンタイムのある施術を行う場合は休みを取る必要がありますので、金曜日などの休みの前日に施術する方が多いです。
また、ゴールデンウィークや夏季休暇、年末年始など長期のお休みがある時期も患者様が多く来院されます。

もしダウンタイムのある施術を希望される方は早めのご予約をおすすめします。

 

院内の雰囲気や様子

患者様にとって過ごしやすいクリニックになるよう、内装だけでなくスタッフ同士の関係性も大切にしています。

大手クリニックに比べるとスタッフの人数もさほど多くはないですが、その分スタッフ同士のコミュニケーションは良く取れていると思います。
また、患者様とのコミュニケーションを大切にするためにもスタッフを含め知識をしっかりとつけております。

院内の内装に関しては明るく開放感があり、風通しの良いクリニックになっていると思います。

施術に関してもベルトコンベア式のように次から次へと施術をこなしていくのではなく、患者様のお悩みに合わせて行っていますので安心してください。

二重整形について

チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

二重整形を受ける患者様の特長

当院には若い方だけでなく、年齢層の高い方も二重整形を受けに来院されます。

当院は元々エイジングケアに特化した病院でしたので、来院される方の年齢層は高めです。
目にたるみが出てきて二重幅が狭くなったというお悩みや、加齢とともに目の開きが悪くなったというお悩みで二重整形を受ける方も多いです。

もちろん若い方も二重整形を受けに訪れてくださいます。
とくに全切開が人気で、目頭切開と組み合わせて平行型の二重を希望する方や、たれ目の形成を希望される方もいらっしゃいます。

 

埋没法と切開法、どちらの方が受ける患者様は多い?

切開法を希望される患者様の方が多いです!

当院は腫れぼったい一重まぶたで悩まれている方や、下垂気味なまぶたの方がいらっしゃることが多いです。
そのため切開法を希望される方が多いのだと思います。

もちろん一重まぶたの方でも埋没法で二重を作ることはできますが、切開法の方が確実に理想の二重のデザインを作ることができます。

 

埋没法、何点留めが人気?

3点留めを希望される方が1番多いです!

当院には1点留めから3点留めまで用意しております。
その中でも3点留めが1番人気です。

基本的に2点あれば二重を作ることはできますが、より強度を強くしたいという患者様が3点留めを希望されます。

1点留めに関しては正直腫れぼったい一重の方にはあまり向いていません。
元々二重の方がさらに幅を広げるといった場合で選択されることが多いです。

 

痛みに敏感な患者様への対応

患者様によって痛みを感じる原因は異なりますので、それに合わせて麻酔の方法などを変えています。

麻酔をしていれば施術中に痛みを感じることは滅多にありません。
ただ麻酔をする時には多少の痛みが伴う場合がありますので、表面麻酔をして注射の痛みを極力抑えています。
それでも注射が怖いという方には鎮静剤(静脈麻酔)をかけて、意識が無くなった状態で施術を行っています。

逆に寝るのが怖いという方もいらっしゃいますので、その場合は笑気麻酔で対応しています。

また、痛みなどに対する不安よりも施術風景が見えてしまうことに対して恐怖心を抱く方には、視界を暗く見せることができるコンタクトを装着していただきます。
そうすることで気持ちもリラックスすることができます。

痛みや怖さに関してはひとりひとり感じ方が違いますので、その患者様に合った方法で対応しております。

 

腫れに対する対策

施術前に腫れ防止の飲み薬を服用していただき、施術中は止血をしっかり行うなどの対策を行っていますが、施術後の過ごし方も重要になってきます。

施術前に腫れ防止の飲み薬を飲んでいただいています。
出血が腫れに繋がるので施術中は出血量を最小限に抑えるように努めております。

しかし、施術前や施術中にいくら腫れ対策を行っていても腫れが完全に抑えられるというわけではございません。
特に術後から2、3日の間は腫れが最も出るときですので、その間は安静に過ごすようにと患者様にお願いしております。
また、血流が良くなると腫れが悪化してしまうので、ダウンタイムの期間中は飲酒をしたり長時間湯船に浸かるなどの体を温める行為は控えてもらっています。

 

埋没法をした後、二重を長持ちさせるための気をつけたいポイント

むやみに目を触ったりこすったりする行為は控えましょう!

埋没法はまぶたの皮下を糸で留めて二重を作っており、術後は常に糸がある状態です。
ですので、まぶたを直接こするなどの行為は糸が緩む原因に繋がるだけでなく、皮膚が薄くなり糸が露出してきてしまう可能性も考えられます。
そのため普段からこする癖のある方は気をつけましょう。

ただ、どうしても瞬きをするたびに糸にテンションがかかるため、いくら気をつけていても糸が緩んでしまいます。
糸が緩んでくると、二重のラインが薄くなってきてしまうのでアイプチを使って癖付けをしてしまう方もいらっしゃいますが、余計にほどけるスピードが上がってしまうのでやめましょう。
緩んできたなと感じるようでしたら、もう一度留め直しを行ってもらいましょう。

今二重整形を考えている方に中先生からのアドバイス

チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

二重整形を希望している方の多くは普段からアイプチを使用していらっしゃいます。
アイプチは使い続けると皮膚自体が硬くなってしまったり、たるみの原因にも繋がりますので、正直皮膚には良くありません
その結果、埋没法では二重整形ができないなんてことも考えられます。

ただし、アイプチをすることで二重のイメージは付きやすいかと思いますので、理想の二重のシミュレーションなどに使用する程度でしたら問題ないかと思います。
現にアイプチをしている時の写真などをカウンセリング時に持参していただき、それを参考に二重のシミュレーションをすることもあります。

時間やお金に余裕があるようでしたら早めに二重整形をしてしまった方が、長期的に見たときにまぶたのダメージも少なくて済むかと思います。
まずはカウンセリングだけでも受けていただけたら二重整形のイメージもつきやすいかと思いますので、ぜひお気軽に足を運んでみてください。

編集後記

チェルアイズ オザキクリニック LUXE新宿院 中先生

今回はオザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院に取材をしてきました。
お話してくださったのは、総院長である中先生です。

朝早くからの取材にも関わらず、中先生は嫌な顔一つせずに取材に応じてくださいました。
とても丁寧に質問に答えてくださり、先生の優しいお人柄が取材を通して感じることができました。

また、院内はとても開放感のある空間で、東京都内の美容外科とは思えないほど広く素敵な内装です。

中先生には二重整形のカウンセリングについてもお聞きしてきましたので、ぜひ下記から読んでみてください!

「今ある二重幅よりもっと広げたい!」オザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院の中先生に二重整形のカウンセリングについて聞いてきました!
今回はオザキクリニックLUXE(リュクス)新宿院に二重整形のカウンセリングについて聞いてきました!担当してくださったのは総院長である中(ナカ)先生です。とても丁寧に診察をしてくださり、私の理想の二重を実現するために一緒になって考えてくださる優しい先生です。ぜひカウンセリングを受ける際の参考にしてみてください!

プロフィール

オザキクリニック 新宿院 中先生

オザキクリニック LUXE新宿院 総院長

中 徳太郎
(ナカ トクタロウ)

専門分野

・目元のたるみ
・脂肪注入
・脂肪吸引
・ヒアルロン酸注入
・フェザーリフト

経歴

2009年 長崎大学医学部医学科 卒業
2009年 知多市民病院 入局
2011年 都内美容クリニック 勤務
2012年 都内美容クリニック 院長就任
2016年 オザキクリニック 新宿院院長 就任
2018年 オザキクリニック 総院長 就任

資格

・サーマクール認定医
・ACLSプロバイダー

加盟団体

・日本美容外科学会
・日本美容外科医師会

公式SNSなど

医師紹介(中先生)
 https://www.ozaki-clinic.com/doctor/naka.html
オザキクリニック Instagram
 https://www.instagram.com/ozakiclinic/

クリニックの詳細情報

名称オザキクリニック LUXE新宿院
住所

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-1-17
エキニア新宿7F

アクセス

JR 新宿駅東口 徒歩5分
東京メトロ副都心線 新宿三丁目 徒歩5分

電話番号

0120-565-449 
繋がらない場合はこちら 03-5155-0449

受付時間

平日 10:00~19:00
土日祝 10:00~18:00

公式HPhttps://www.ozaki-clinic.com/

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。