チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

【東京・銀座】水の森美容外科の竹江先生にインタビューしてきました!

銀座、新宿、名古屋など全国に5院を展開する水の森美容外科の総院長「竹江先生」にお話を伺いました。『患者様にとって良いクリニックとは何か』を追求し続けた竹江先生の理念はとても素晴らしいものでした。聞けば聞く程話にどんどん引き込まれる、そんな魅力をお持ちの竹江先生の取材記事を今すぐにチェックしてみてください!

取材お問い合わせフォームへ

まず初めに、竹江先生ご自身についてお聞かせください。

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

医師を目指したきっかけ、美容外科医の道に進んだきっかけを教えてください。

父が外科医だったため、幼い頃からなんとなく私も医者になるだろうなという環境で育ちました。その自然な流れで医者になりましたね。

医者になってからすぐ医療の基本となる麻酔科に入ったものの、この先具体的にどんな道に進めば良いのか迷っていました。

その迷いを持ったままなんとなく美容外科に入ると、そこが本当の自分の居場所だと思えたんです。

当時は美容外科に関する情報も少なく色々と不安はありましたが、いざ入ってみるとすごく楽しかったので美容外科医になることを決心しました。

その頃から人生を駆け上がるスピードがぐっと早くなったと感じますね。

医師としての美容外科の良さは何だと思いますか?

医者からするとやはり「手術」という作業は没頭でき、医者冥利につきると思います。

ただ、外科医は人生が壊れてしまうぐらい忙しい職業なんです。ずっと病院につきっきり、でもその時間をすべて手術に使えるという訳ではなく、雑務や*病棟回診など様々な業務があるため、結局は寝る間も惜しんで仕事に時間を費やすのです。

それに比べ美容外科は、医者としての時間を純粋に患者様と向き合い手術にあてることができるので、より質の高い医療サービスを患者様にご提供できるということが一番の良さではないでしょうか。

*病棟回診:病棟医が日常業務として担当患者を診察して回ること。
チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

経営者になられてご多忙な中、それでも現場に出続ける理由は何でしょうか?

開業医は手術ができる機会が減るなどとよく言いますが、経営者の考え方次第だと思います。

完全にバックオフィスに入って経営に専念する、もしくはカウンセリングはせず手術のみ行うなど、経営者にも色々な働き方がありますが、私が理想としているのは技術者でもありながら経営者でもあった『故・本田宗一郎氏』です。

彼は本田技研工業を創業後、技術者としても経営者としても自身の理念を貫き通し、今ではいわずと知れた業績をたくさん残しています。

私も現場に直接出向かい、カウンセリングを通して患者様の悩みを直接伺います。その声を手術に反映することこそが患者様の満足度に直結すると考えています。

こうしてお客様の悩みや不満に直接向き合えるからこそ良い経営もできるのだと思います。現場で働く意味はそこにありますね。

患者様と向き合う上で心掛けていることとは?

私が持っている知識を患者様に率直に伝えることです。

ただ伝えれば良いという訳ではなく、その一言一言を理解・納得させることで、患者様自身が正しい判断をできるよう導いてあげるのです。

そのため、普段からどうすれば自分だけの情報を分かりやすく説明することができるかを考えています。

そこで導き出した答えは『まず自分のものにすること』です。

情報というのは自分自身が100%理解できていないと上手く相手に伝えることはできません。逆に言うと、人にちゃんと説明できるということは、その情報を熟知したことで自分のものにできたということなのです。

それは私自身だけでなく、スタッフ教育でも意識するようにしています。

水の森美容外科についてお聞かせください。

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

竹江先生の経営理念についてお聞かせください。

経営する上で大事にしているのは「クリーンであること」です。

簡単に思えますが、美容外科を経営する上で営利目的を抜きにして、クリニック側も患者様も皆を満足させるということはとても難しいのです。

数多くの美容外科の中には、中身は同じ施術であるにも関わらずランク付けをして患者様を惑わせたり、必要のない施術やオプションを追加させたりなど、患者様の悩みを治療する病院であるはずが、ただの商売人のようなことをしているところも少なくありません。

私は、このように患者様のコンプレックスに付け込んでビジネスをすることだけは絶対にやらないと決めています。

しかし、そんなことを一切やらずにどの部分で他クリニックとの差別化を図るのか、その答えは「技術力」だと思います。

技術力は圧倒的な差別化になります

ただ、そのためには優秀な医師を育てなければならないので膨大な時間と努力が必要です。
これは玄人目線で導き出した答えなので、患者様からはなかなか理解しにくい部分なのかも知れません。

しかし、それでも私が技術力にこだわる理由は、クリニックとして患者様にご提供できる一番良いサービスと考えるためです。
最終的に患者様のためになるのであれば、患者様の目に見えない部分での努力も惜しまないということが当院のスタンスです。

現在クリニックとして力を入れている治療を教えてください。

当院では二重整形はもちろん全ての外科手術に力を入れていますが、ここ最近は「ヒアルロン酸によるリフトアップ治療」に特に注力しております。

美容外科でのヒアルロン酸の用途は一般的に肌の一部を膨らませるだけです。本格的にしわやたるみを治療しようと思うと、どうしても外科的な手術を行わないと難しいのが現状です。

しかし近年はヒアルロン酸を使用したリフトアップ技術が開発され、当院ではいち早くその最先端医療を取り入れました。

従来のリフトアップ治療に比べ、よりリスクが低く効果の高い「ヒアルロン酸によるリフトアップ治療」という選択肢を患者様に与えることができるようになったため、今後はより注力していこうと考えています。

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

先生の考える理想のクリニック像を教えてください。

① 社員にとって良い会社
② お客様(=患者様)にとって良い会社
③ 社会にとって良い会社
④ 経営者にとって良い会社

この4つを満たしている会社(=クリニック)は、長きに渡り存続する、これは私が10年前に聞いた言葉です。
現在もその言葉を常に意識し徹底しております。

患者様にとって良いクリニックにするために、具体的にどういった環境づくりをしていますか?

『患者様にとって良い会社』は『社員にとって良い会社』ということにもなります。また、『社会にとって良い会社』『経営者にとって良い会社』とも切り離すことはできません。

どういうことかと言うと、例えば社員を満足させるために高額な給料を払うとします。
しかし、そのお金を払うためには経営側としても結果が必要なので、営業ノルマが発生しますよね。必然的にサービスの質は落ち、結局犠牲になるのは患者様です。

だからといって患者様だけを満足させようと思っても必ずどこかで不満が出てくるはずです。

そこで一番注力すべきだと考えたのが「スタッフ教育」と「医師の技術統一」なのです。

当院で行うスタッフ教育は、ただ知識を教え込むことではなく、一人一人が自己啓発により人間として成長することを目的としています。

そしてこの結果こそが患者様にとって良いクリニックに繋がることだと考えます。

二重整形の施術内容についてお聞かせください。

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

二重整形で訪れる患者様はどのような方が多いのでしょうか。 

20代女性の若い患者様が多いですね。中には未成年や学生の患者様もいらっしゃいます。

また、当院の二重整形はとてもナチュラルに仕上がるとSNSなどでご好評をいただいており、それをご覧になって訪れる患者様も多くいらっしゃいます。

二重整形における貴院のこだわりはありますでしょうか?

二重整形というのは、技術的には「縫えば二重になる」言ってしまえばただそれだけの話です。
しかし、二重整形というのはとても奥深いものだと思います。

患者様一人一人には様々な悩みや不満があります。

『こういうデザインにしてほしい』『左右差をなくしてほしい』『腫れや痛みが心配』など…このような要望に対し、私たちは技術で応えなければいけません。

そのために先ほどお伝えしたように、患者様の要望をしっかり読み取り手術に反映できる高い技術力を持つ医師・社員の教育に力を入れています

また、患者様自身が正しい知識を持った上で判断できる環境をつくることも大事です。
そのためにカウンセリングの際は、二重整形をよりわかりやすくご理解できるよう動画を見て頂きます

そこで初めて医師と患者様の共通認識が生まれ、患者様が持つ本質的な悩みを理解することができるので、患者様により満足度の高い医療をご提供することができます。

施術後の腫れに対して、貴院ではどのような対策が行われているのでしょうか?

「こうすれば腫れない」と確実にわかる方法があるなら、どの美容外科でもすでに行われていることでしょう。
なので「どうすれば腫れないか」ということを一言で表すのはとても難しいですね。

腫れを抑えられるということは、医者の職人芸、つまり技術の集大成ゆえの結果です。

当院では『縫い方』『針の掛け方』『皮膚の摘まみ方』など一つ一つの作業で常に腫れへの対策を行っていると言えるでしょう。

そのため、当院の二重整形は腫れや左右差がほぼ出ません。それでもやはり1割に満たない程度の確率で若干の左右差が生じてしまう場合があるので、そのために保証制度を設けております。

一度手術したらおしまい、ではなく患者様の理想を叶えられるまで精一杯の努力をするということが私たちの使命だと思っております。

腫れが出てしまった場合、自宅で行う腫れ対策は何が効果的でしょうか?

当院で推奨しているのは、頭を高くして寝ることですね。

血流は心臓から頭に回ってくるため、心臓と頭が水平になっていると血流が良くなります。朝よく目がむくむという症状もこのことが原因なんです。

少しでも腫れを抑えたいという方は寝る際枕をいつもより高くして寝ると良いでしょう。

最後に今二重整形を考えている方にアドバイスや一言メッセージをお願いいたします。

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

二重整形をするうえで、1番重要になってくるのはカウンセリングでしょう。

いかに不安を拭い去り、安心して手術を受けられるか、また希望のお仕上がりになるかどうかが患者様にとってはとても大切なポイントかと思います。

昨今ではかなりの数の美容外科がありクリニック選びも困難ですが、症例を見て気になる二重がありましたらいくつかカウンセリングに行かれるのがベストなのではないでしょうか。

カウンセリングでの注意すべきポイントは

①二重整形と一緒に脱脂を勧めてくるなど、オプションを追加しようとするクリニックは避けた方が良いでしょう。
②埋没する糸の点数が増えたからといって強力な二重になるのではありません。それよりも保障が充実しているなどの方が良いでしょう。
③特別な糸、特別な針で追加料金がかかるクリニックも避けた方が良いでしょう。
④親身になってカウンセリングをしてくれる、明朗会計なクリニック選びがベストでしょう。

以上の点を踏まえた上でクリニックを選ぶことが患者様にとって一番良い結果に繋がるかと思います。
患者様にとって、素敵な二重で楽しい毎日を過ごせますよう願っております。

編集後記

チェルアイズ 水の森美容外科 竹江先生 インタビュー

インタビュー中に「社員教育」「社員の自己啓発」との言葉が繰り返し出てきましたが、経営者である竹江先生ならではの考え方や美容外科医としての在り方を聞くことができました。スタッフも患者様も竹江先生自身も、誰もが満足できるクリニックをつくるための「哲学」のお話はとても感慨深く、思わず引き込まれました。

二重整形でお悩みの方は、高い技術力で信頼のおける「水の森美容外科」へ是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

また、Chel(チェル)編集部のスタッフが実際竹江先生に二重整形のカウンセリングを受けてみたときの様子も掲載しているので、水の森美容外科で二重整形を考えている方は是非チェックしてみてください!

「ベストな二重の幅を知りたい」水の森美容外科でカウンセリングを受けてみた
今回は、自分に合った二重の幅を見極めることができないという悩みを持ったChel編集部スタッフが、水の森美容外科でカウンセリングを受けてきました!

プロフィール

水の森美容外科 竹江先生

水の森美容外科 総院長

竹江 渉
(タケエ ワタル)

専門分野

・二重整形
・脂肪吸引
・ヒアルロン酸注入(リフトアップ)

経歴

1972年 北海道生まれ
1998年 東京医科大学医学部卒業
1999年 麻酔科入局
2001年 麻酔科標榜医免許取得
2001月 大塚美容外科入局
2004年 他院大手美容外科院長
2006月 水の森美容外科開院

関連サイト

竹江先生のドクター診察日記 https://mizunomori-nagoya.com/diaries/takee/

クリニックの詳細情報

※今回インタビューに応えて頂いた竹江先生は以下の5院で勤務されています。竹江先生ご指名の場合は水の森美容外科へ直接ご相談ください。

名称 水の森美容外科 名古屋院
住所

愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F

アクセス

『栄駅』及び『栄町駅』より徒歩5分

電話番号 0120-92-2396(患者様専用フリーダイヤル)
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
竹江先生の出勤日

【1月】14日・16日・21日・23日・24日・26日・27日
【2月】1日・8日・9日

名称 水の森美容外科 大阪院
住所

大阪市北区曽根崎2-3-2 梅新スクエアビル地下一階

アクセス

『東梅田駅』7番出口より徒歩4分

電話番号 0120-76-4909(患者様専用フリーダイヤル)
受付時間 10:00~19:00(年中無休)

名称 水の森美容外科 東京新宿院
住所

東京都新宿区歌舞伎町一丁目6-1 シロービル5階

アクセス

JR『新宿駅』東口改札より徒歩5分
地下鉄『新宿三丁目駅』B5出口より徒歩5分

電話番号 0120-973-974(患者様専用フリーダイヤル)
受付時間 10:00~19:00(年中無休)

名称 水の森美容外科 東京銀座院
住所

東京都中央区銀座2-5-4 ファサード銀座4F

アクセス

『銀座駅』より徒歩5分
『銀座一丁目駅』より徒歩1分
JR『有楽町駅』より徒歩6分

電話番号 0120-248-603(患者様専用フリーダイヤル)
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
竹江先生の出勤日

【1月】10日~12日・17日~19日・28日~30日
【2月】2日~4日・18日・19日

名称 水の森美容外科 北海道院
住所

北海道北見市中央三輪5丁目423番地5 北見メッセA棟2F

アクセス

『北見駅』→バス乗車後『三輪』にて下車、徒歩3分

電話番号 0120-92-2396(患者様専用フリーダイヤル)
受付時間

毎月第3週目の月曜日から金曜日
(お問い合わせは年中無休)

月:15:00~20:00
火・水・木:9:00~20:00
金:9:00~12:00

竹江先生の出勤日

【2月】11日~15日

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

「Chel-チェル-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。