東京中央美容外科 世田谷院 村田院長 pickup

東京中央美容外科<世田谷院>にインタビューしてきました!

話しているとつい楽しくなる村田先生が院長を務める東京中央美容外科の世田谷院に取材してきました!元心臓血管外科医の村田先生だからこそ語れる美容外科との以外な共通点やこだわりのポイントなど、とても興味深い話ばかりでした。また、スタッフ全員が一体となり患者様への細かい配慮行ったり、常連のお客様に愛されるその秘訣もお聞きすることができました!

大塚美容外科 二重整形

まず初めに、村田院長先生ご自身についてお聞かせください。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

心臓血管外科医から美容外科医になられたきっかけは何でしょうか?

これは完全に青木先生(東京中央美容外科 総括院長)のせいですね(笑)

以前、青木先生の施術を実際に見させて頂いたことがありますが、それはもう素晴らしかったですね。その時見た技術を私自身もできるようになりたいと思い、当院で働くことを決意しました。

ちなみに、その時見た青木先生の施術は二重整形の施術で、今でも目元の整形施術を得意としており、興味深い分野でもあります。

そもそも、心臓血管外科医とはどんなことをやるのでしょうか?

名前の通り、心臓や血管の病気を治療します。

例えば、心臓に流れている血が逆流してしまう病気がありますが、心臓の出口にある弁(べん)の形が崩れて上手く機能していないことが原因です。

その弁を切ったり縫ったりして、4つの弁が綺麗に合わさると逆流していた血もピタッと止まるんです。

血管も同じで、形が少しでも歪むと血が漏れたり詰まってしまうので、その形を綺麗に整える施術を行っていました。

ある意味デザインですよね。「形が結果になる」という部分は、美容外科とも共通している部分だからこそ魅力を感じたのかも知れませんね。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

一時は開業も考えていたようですが、現在働いている環境に満足していますか?

そうなんです。私は元々40歳になったら心臓外科医として開業しよう!と決めていました。

ところが、現在は美容外科医になり、こうして東京中央美容外科世田谷院の院長としてインタビューまでさせて頂いていますね(笑)

結論から言うと、とても満足しています。

まず、この道を選んでよかったと思えることは、当院のスタッフも訪れる患者様も皆良い人たちばかりであることです。

また、開業をしていたら、施術をする機会は今に比べて確実に減っていたと思います。

開業を考えていた頃の私は「開業=もう手術はできない」と思っていたので、今こうして院長として患者様と触れ合いながら、色々な施術にも携われるということは、夢のようなことだったでしょうね。

ロードバイクがお好きだと伺いましたが、他にも趣味はありますか?

ロードバイクは今や私の基本になっていますね。

あとは、ジム通い将棋です。まあ、将棋は見る専門ですけどね(笑)

ジムに通い始めたきっかけは、以前に結構太ってた時期があって、当院でも行っていた医師監修の減量プログラムに参加してみたら、実際に体重が落ちたんです。

体重が減ったら、あとは筋肉を付けないと、ということで通い始め、今では趣味として日常に溶け込んでいます。

美容外科医として働き始めてから今までで一番記憶に残っていることは何でしょうか?

以前、患者様に絵をプレゼントして頂いたことがあります。その時の喜びは今でも忘れないですね。

当院で受けられた施術にとても満足して頂けたようで、そのお返しにと本物の花びらと草木で作られた美しい絵をわざわざ持ってきてくださったんです。

もちろんその絵も綺麗で嬉しかったのですが、何よりもその患者様の気持ちが言い表せないほど嬉しかったですね。

今でも院内の目の付くところに飾ってありますよ。

東京中央美容外科 世田谷院

医師として患者様と接する中で大事にしていることはありますか?

患者様は、自分の体を触るということに多からず少なからず抵抗があるかと思います。

そんな不安を抱えたまま来院される患者様に対して、私の知識と経験の範囲内でアドバイスをし、その結果整形という決断に至る患者様は、飛び込むつもりで覚悟を決めた訳です。

その時点で私たちクリニック側には、患者様の想いを受け止め、全ての責任を持つという義務が発生しますよね。

私は、その心構えを一番大事にしています。

なので、今一人で悩んでいる方は、とにかく一度相談に訪れて頂きたいですね。一人で責任を負う必要はありません。

東京中央美容外科 世田谷院についてお聞かせください。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

東京中央美容外科 世田谷院には、どのような患者様が訪れますか?

世田谷という場所柄、30~40代の患者様が多いと思われがちですが、実は20代の患者様が一番多いんです。そのためか、インスタグラムを見てご来店される患者様も少なくありません。

また、会社員が多いということも特徴ですかね。東京駅や川崎駅など、ビジネス街から来られる方が比較的多くいらっしゃいます。

会社員の患者様が多いとのことですが、やはり週末は忙しいのでしょうか?また、繁忙期はありますか?

そうですね。会社終わりや休み中に施術を受けたいというご希望が多いので、木・金・土あたりは混む傾向にあるかもしれませんね。

繁忙期は、やはり長期休み期間です。ただ、休み中だけでなくゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどの長期休みの直前にもご予約が多いです。

しかし、繁忙期だからといって予約が全く取れなかったり、落ち着けない院内の雰囲気などで来院された患者様がご不便な思いをされないよう、十分に注意を払っています

これは、当院のスタッフ全員が常に心掛けてることなので、その点は安心してご来店頂ければと思います。

世田谷院で人気の施術ベスト3を教えてください。

当院で人気のメニューは、1位が目周りの整形、2位がリフトアップ(糸)、3位が鼻整形となっています。

また、二重整形をされてから次にリフトアップの施術をご希望される患者様も多いですね。

皮膚を切らず、糸で持ち上げる方法なので、二重整形の埋没法同様ダウンタイムが短くあまり負担がないのでしょう。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

施術にもこだわりながらも価格を安く設定できる理由は何でしょうか?

私個人としてこだわっている部分は、「無駄な材料を発注しない」ことですかね。事前に使う材料を細かくチェックし、必要な分だけを発注します。

また、東京中央美容外科では、信頼できる独自の仕入れルートがあり、低価格かつ質の高い材料を仕入れることができるんです。

あともう一つは「施術時間が早いので数がこなせる」ということです。これが質を落とさずに価格を安くできる最大の理由だと思っています。

もちろん施術時間が早いからといって施術を雑に行うということではありません。

一人一人の患者様に対して丁寧かつ慎重に施術を行いつつ、周りのスタッフが率先して動き、受付や施術を行うスタッフ全員が能率の良い動きをすることで、施術時間はかなり短縮できます

そのために、普段からスタッフとのコミュニケーションは積極的に取るようにしています。

その小さな心掛けを徹底することで施術中もスタッフと私の息がぴったり合って、患者様にも満足して頂ける結果を生み出すことができるんです。

こうして患者様により安い価格でご提供することも、私たちが一番重要としている「患者様への配慮」に繋がっていると思います。

患者様への配慮とは、具体的にどのような対応を行っているのでしょうか?

例えば、当院の待合室ですが、すべて完全個室となっています

もちろん「なるべくお待たせしない」ことが大事ですが、ただ、どうしても待ち時間が発生する場合があるので、その際は少しの待ち時間の間も安心してお過ごし頂けるように、と個別の待合室をご用意しております。

また、患者様がお帰りになる際はスタッフが先回りしてエレベーターを当院の階に止めておきます。

これは患者様が待たせないようにするためでもありますが、患者様同士が顔を合わせないようにするためでもあります。

美容外科に訪れる患者様の中には、「来院していることを知られたくない」「人に会わずリラックスして過ごしたい」という方が多くいらっしゃいます。

私たちは、なるべくそういったご希望に添えるよう、できる限りの対策を行っております。

患者様が頼れるクリニック」になれるよう、私自身はもちろん、スタッフ全員は常にそのことを意識しながら動いています。

それが総括院長である青木先生の方針でもありますので、私たち世田谷院だけに限らず、東京中央美容外科全体でそういった取り組みをしております。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

「患者様はもちろん、働くスタッフも幸せになれるクリニック」がモットーとのことですが、そのことも患者様への配慮に繋がっているのでしょうか?

スタッフが楽しく働ける環境をつくれば、自然と患者様側も幸せになれると私は思っています。

スタッフが楽しく働ける環境であることが当院の柱とも言えますね。

美容外科ってよくスタッフがかしこまっているところが多いので、その堅苦しい雰囲気で患者様が余計緊張したりすると思うんです。

なので当院ではアットホームな雰囲気づくりを心掛けていて、実際常連の患者様も多いです。

中には「ここが最近気になる~」といった相談だけに訪れる患者様もいらっしゃいますし、手土産をもらうことなんかもよくあります。

そういうお客様を見ているとすごく嬉しいし、その度にもっと頑張らなきゃという気持ちにもなりますね。

どんなクリニックを目指していますか?

最近は、美容整形のこともネットで事前に調べてくる方がほとんどかと思いますが、そこには誰が書いているかもわからない様々な情報がありますよね。

簡単に手に入る情報だからこそ吟味することはすごく難しい。誰に聞けば良いんだろう?となったとき、私たちがその相談役になりたいんです。

でも、ただ構えて待っているだけじゃ意味がありません。

患者様が悩んだとき、パッと思い浮かんで気軽に相談にいけるような場所をつくることが私たちクリニック側の使命だと思うんです。

二重の施術についてお聞かせください。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

貴院では特に麻酔に力を入れているようですが、そのメリットは何でしょうか?

麻酔の種類には大きく分けて「鎮痛」と「鎮静」の2つがあります。

「鎮痛」は、痛みを抑えるもので、「鎮静」は、心を落ち着かせる作用があります。

この2つを組み合わせることで患者様一人一人に合った麻酔ができるようになるんです。

術中の痛みや術後の腫れを減らすために行っている対策はありますか?

対策は「全てにおいて」行っています。

使っている道具を始め、麻酔の打ち方や投与量にまでこだわり、痛みや腫れを極限まで抑えられるよう、できることは全てです。

例えば、こちらの道具。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

東京中央美容外科全体としても道具には非常に強いこだわりを持っていますが、その中でもここまでこだわった道具を使っているのは私ぐらいでしょうね。(笑)

この道具は、私が心臓血管外科医として勤めていた時から使っていたものです。心臓や血管を掴む際に使われるとても繊細なピンセットなので、一般的に美容外科で使用されるピンセットに比べると、遥かに繊細な動きができます。

そのため、まぶたをほぼ傷つけることなく、腫れも最小限に抑えられます

あとは、麻酔も痛みやダウンタイムを大きく左右する重要なポイントとなります。

例えば、麻酔の注射針が入る角度によっては血管を傷つけることもあり、その後の腫れも強く現れます。そのため、針はできるだけゆっくり刺し、光を当てて目に見える血管を避けて注射するなど、様々な工夫をしています。

また、麻酔薬も量が少なければ痛みを感じるし、量が多ければ術後の腫れが長引くという部分で、適正な量を投与するようにしています。

その他にも施術中はなるべく患者様の気が紛れるよう会話をしながら進める、皮膚を掴むときに力加減をコントロールするなど、言い出せば切りがない程です(笑)

二重整形メニューの「ナノカット」とはどのような施術法でしょうか?

まず二重整形の種類として、まぶたを切って皮膚と下にある軟骨を直接縫い合わせる切開法と、一方で皮膚と瞼板を糸でくくる埋没法があります。

この切開法と埋没法を上手く組み合わせた施術法が「ナノカット」です。

切開法の中でも二重ラインを全部切る全切開と部分的に切る部分切開がありますが、ナノカットは部分切開よりも遥かに狭い幅を切開します。

そして、さらに糸で縫い合わせることで、切開法並みに固定力は強くなります切開法に比べると術後の痛みや腫れも少ないので「良いとこ取り」の施術法ですね。

この施術法は、腫れやすい体質の方、過去に埋没法をやったけど外れてしまった方、まぶたの皮膚が分厚い方、極端に幅が狭い二重にしたい方などに最適な施術法です。

最後に今二重整形を考えている方にアドバイスや一言メッセージをお願いします。

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

今はネットで色々な情報を接することができる情報過多の時代です。誰でも適当なことを言えますよね。

それに対しクリニックというのは、医療機関として責任が持てることしか言えないんです。

ですから、ネット上で得られる情報だけで判断せず、一度クリニックに訪れて対面でお話を聞いてみることが大事です。

不安や悩みを打ち解けられる相談相手として思って頂けると少しは脚を運びやすくなるのではないでしょうか。

編集後記

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

今回は世田谷区の池尻大橋駅すぐの東京中央美容外科世田谷院に取材してきました。

院長である村田先生は、初めてご挨拶するときから笑顔で出迎えてくださり、とても気さくで終始笑顔が絶えない和やかなムードの中取材を行う事ができました!

そんな村田先生の人柄からか院内はとてもアットホームな雰囲気で、村田先生含め全てのスタッフさんが患者様に対し愛情を持って接していると感じました。

その雰囲気でリラックスしてしまった私が100%本音でカウンセリングをしてしまい、お忙しい村田先生の時間を奪ってしまったにも関わらず、一つ一つご丁寧に優しく答えて頂き本当にありがとうございました…。(笑)

そのガチカウンセリング体験の様子は以下に掲載しております!

「片目だけ一重なのが悩み…」東京中央美容外科<世田谷院>にカウンセリングを受けてきた!
「片目だけ一重」で悩まれている方って意外と多いのではないでしょうか?そういった場合どんな施術方法が良いのか気になるかと思います。 今回は施術方法や二重の仕組みなど様々なことを東京中央美容外科 世田谷院の院長村田先生にお伺いしてきました!

「二重整形が初めてなので不安…。」「プライバシーを守ってほしい」「堅苦しい雰囲気が苦手」などという方には、是非一度訪れて頂きたいクリニックです!

プロフィール

東京中央美容外科 世田谷院 村田院長

東京中央美容外科世田谷院 院長

村田 将光
(ムラタ マサミツ)

専門分野

・目周り
・リフトアップ

経歴

熊本大学医学部 卒業
熊本大学病院 第一外科
人吉総合病院 外科
済生会熊本病院 心臓血管外科
榊原記念病院 心臓血管外科
新山手病院 心臓血管外科 医長
JR東京総合病院 心臓血管外科 主任医長
世田谷下肢静脈瘤クリニック 東京中央美容外科 開院

公式SNSなど

TCB世田谷院 医師紹介(村田先生) https://tcb-setagaya.com/doctor/index.html
村田先生 公式Instagram https://www.instagram.com/tcb_murata/
村田先生 公式ブログ https://ameblo.jp/tokyochuomurata/

クリニックの詳細情報

名称 東京中央美容外科 世田谷院
住所

〒154-0001
東京都世田谷区池尻2-31-24
信田ビル7階

アクセス

田園都市線 『池尻大橋』駅 南口から徒歩30秒
路線バス 池尻停留所から徒歩2分

電話番号 0120-852-745
受付時間

[診療時間 / 電話受付]   10:00~19:00 不定休
[WEB予約 / メール相談]  24時間 年中無休

公式HP

https://tcb-setagaya.com/

人気の記事ランキング

RANKING

「Chel-チェル-」では多くのクリニックの取材を掲載させて頂いております

取材に関するお問い合わせはこちら

「Chel-チェル-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。