pickup

あいち栄クリニックにインタビューしてきました!

横山先生はあいち栄クリニックの院長を務めていらっしゃいます。
もともと美容皮膚科を専門にされていたこともあり、二重整形だけに限らず様々な知識をお持ちの先生です。
そんなあいち栄クリニックの横山院長先生にインタビューしてきました。

大塚美容外科 二重整形

あいち栄クリニック様についてお聞かせください。

貴院に訪れる患者様の特長を教えてください。

あいち栄クリニックでは保険治療も行っているので、クリニック全体の年齢層は0歳から90歳くらいまでと老若男女問わず来院されます。
美容整形においては10代後半くらいから40代くらいまでの年齢層の方が多いです。

男女の比率は実は半々くらいなんです。
男性も保険治療で訪れたり、脂肪注入やひげ脱毛といった美容治療で来院されます。
またEDやAGAの薬も取り扱っているので、そちらの治療を目的に来院される方も多いですよ。

あいち栄クリニックの人気のメニューはヒアルロン酸などの注射です。
クリニックの付近には、ファッションビルや商業施設、繁華街もありますので「手軽に可愛くしたい」というニーズが多いようです。
また学生さんなどはニキビ治療で通われる方も多いですよ。

また先程もお伝えしたように、あいち栄クリニックでは保険治療も行っており、その患者さんにも美容治療のパンフレットを閲覧できるようにしているため、飛び込みで美容治療を行う患者さんも多くいます。
実は美容整形に興味があったけど、いきなり美容外科に行くのは怖いという方がいらっしゃるみたいですね。

来院される患者さんは何をご覧になって訪れる方は多いのでしょうか?

大手のクリニックさんですと、フリーペーパーやテレビCM、web広告など様々なジャンルの広告を使っているかと思いますが、当院では大手のクリニックさん程広告に力を入れていません。

その代わりと言っては何ですがInstagramを利用しています
Instagramはまずお金がかからないですし、写真整理も簡単で、何よりホームページの代わりになってくれるのでとても便利です。
そして私たちのInstagramを見て来院される方も多いんですよ

ココだけの話、Instagramの更新は9割私がやってます(笑)
めっちゃ頑張ってあげているので、よかったら覗いてみてください(笑)

貴院の目指すクリニックとはどのようなクリニックでしょうか?

まず、どうして私が開業したかというところから始まると思います。
私はちゃんと完結できるクリニックが作りたくて開業したのです。

どういうことかといいますと、アフターフォローまできちんとしてあげたいという事です。

整形後は感染や炎症、最悪の場合壊死(皮膚が死んでしまうこと)などのトラブルが起こりうる可能性もゼロじゃないんです。
また、自由診療だけでは知識も限られてくるし、処方する薬の種類も限られてきてしまいます。

万が一自分が整形した後にトラブルがあった時に、見向きもせずに「はい、さようなら」じゃ困りますよね?
なので私はそんな時でも、自分の力でしっかりと治療してあげて、最初から最後まで見届けるクリニックを目指しています

先生ご自身についてお聞かせください。

美容外科医になられたきっかけは何でしょうか?

そもそも私は最初、皮膚科医からスタートしました。
その中でも専門分野が美容皮膚科で、主に医療レーザーを使用してあざなどを薄くする治療、皮膚腫瘍と言って皮膚ガンの治療、熱傷(火傷)の治療、この3つをメインに治療をしていました。

しかし、医師として色々経験していくうちに、「もっと綺麗にしてあげたい」という気持ちが増していくのと同時に、「レーザーでこういう治療もできるんだ」「この技術でこういう治し方もできるんだ」という事も知っていき、より自分の幅を広げるためにも美容外科の道に進みました

あともう一つ理由があって、皮膚科ってどうしても 病気の人を正常に戻すことしかできないんです。
正常からプラスに持っていくことは皮膚科の治療法だけでは限界がありました。
私はそこのプラスをもっとしっかりやりたいと思って美容外科医も務めようと思いました

皮膚科も美容外科も両方出来れば、病気を治しに来た人にプラスを付け加えてあげられるのです。
今では綺麗にしっかり治すという事をライフワークとして医師をしています。

勤務されている日の先生の1日のスケジュールはどのような感じでしょうか。

まず出勤したらクリニックのホームページや、他社のサイト、LINE@、Instagramから来る問い合わせの対応をしています。
診療が始まったら患者さんも診ながら、手が空いた時間でホームページの調整や治療のメニュー表なども作成しています。
お昼休憩中も問い合わせ対応など何かしらしてますね(笑)

これが平日だとまだまったりできる時間もあるのですが、土日はとても忙しいです。
オペも多くあり、美容外科の治療だけでなく皮膚ガンや火傷のオペもしています

もちろんオペ中は予約を取らないようにしていますが、保険治療をしていることもあり飛び込みの患者さんも多く訪れるので、オペ中に来院された患者さんをオペ後に休む暇もなく診ています。
常にバタバタしている状態です(笑)

得意の分野や施術方法がございましたら、教えてください。

顔なら何でもこなせます!
昔から細かい作業が好きだったこともあり、顔の中でも目と鼻が特に好きですね。
例え時間がかかってでも納得のいくまで治します。

美容外科医として働く上で大切にしていることは何ですか?

3つあります。
1つは患者さんと話す時はちゃんと正直に向き合うことですかね。

美容外科医をやっているとびっくりするのが、一般的に可愛いと言われている顔よりもだいぶかけ離れた要望をする患者さんもいらっしゃるという事です。
そんな時に営利目的だけでやっているなら、言われたとおりになんでもやってあげるのかもしれないですけど、私は正直に「本当に大丈夫なの?」と聞くようにしています。
もちろん可愛い、綺麗のとらえ方は人それぞれですけどね。
でも患者さんが勢いだけで整形して後悔してからでは遅いので、まずは患者さんがどんな風になりたいのかという事を優先しますが、一応私の方でも確認しています

2つ目は必要最低限度の手術しかしないという事です。
元からある素材を活かすようにしています。
よく「黄金比」という言葉を口にされる患者さんが多いのですが、黄金比が必ずしも美しいとは限らないんです。
たとえ少しバランスが悪かったとしても、それはそれで可愛いという事もあります。
ですので良いところはそのまま伸ばしていき、悪いところは治してあげる、それで総合的にバランスを作っています

そして3つ目は個人個人の生活環境などをちゃんと把握して治療を選ぶ事です。
いざ美容整形をするとなると、施術方法によっては色々考えなければいけません。
例えば仕事はどれくらい休めるのか、ご予算はいくらなのか、周りに多少バレてしまっても平気なのか…など患者さん1人1人のパーソナリティーを大切にしています

貴院でお勤めされていて1番嬉しかったことは何でしょうか?

まだこのクリニックを開業して半年しか経ってないのですが、5年くらい前に他のクリニックで勤めていた時に私が施術した患者さんが看板を見つけて、わざわざここに訪れてくれたことです。

その方には二重整形を施術したのですが、その二重にとても満足されているようで、次は鼻を高くしたいという事で来院されました。

病院が変わっても私を見つけて訪れてくれるってとても嬉しいことですし、あとやっぱ看板の効果ってあるなと感じました(笑)

お休みの日はどんなことをして過ごされているのでしょうか?

実は東京にいます!
東京にある別の美容外科さんに足を運んで、勉強させてもらっています。

私は仕事=趣味だと思っていて、医師以上に楽しい趣味はないと思っています。
ですので余計な趣味などに時間を費やす暇はないんです。
まさに天職だと思っています

とはいえ平日の仕事終わりにはジムに行きます。
美容外科医の先生は体を鍛えている人が多いんですよ(笑)

施術内容についてお聞かせください。

腫れに対する対策は、どのようなことが行われているのでしょうか?

基本的に当たり前のことですが、必要最低限の麻酔の量しか使っていません
入れすぎてしまうと、それだけでも腫れてしまいますからね。

あとは術後に腫れないように患者さんへ腫れ対策の指導をしています
翌日が1番腫れることが多いので、それに対する対策をしっかり説明するようにしています。

患者さんが自宅で行う腫れ対策は何が効果的でしょうか?

もちろん物理的に冷やして腫れを引かせる方法も効果的です。
さらにこれにプラスして「枕を高くすること」「水分の量を控えめにすること」をするとより効果的ですよ。

痛みに敏感な患者様への対応はどのようなことをされているのでしょうか?

痛みには2種類あります。
1つが物理的な痛み、もう1つが精神的な痛みです。

物理的な痛みに関しては、とにかく細い針を使ってあげること、私の麻酔技術をちゃんとしてあげることで解消することが多いです。

精神的な痛みに関しては、うちにはDJナースが居まして(笑)、患者さんの好きな曲を手術中に流してあげています
後は手術中でも積極的に声をかけてあげます
無言で治療しているとやはり緊張してしまうこともあると思うので、「今から麻酔しますよ」だとか「糸かけていきますよ」など1つ1つの動作に対して声掛けをしています。

埋没法のおすすめのグランドアイ法とは、普通の埋没法と何が違うのでしょうか?

埋没法ってクリニックによって色々あると思うのですが、結局は糸でまぶたと奥の粘膜をくくりつけるという点ではどれも同じようなものなんです。
ですのでデメリットも当然同じになってきます。

具体的に埋没法のデメリットというと大きく分けて3つあります。
1つ目は、目をつむった時にボコつくこと。
2つ目は、糸が取れてしまうこと。
そして3つ目は、二重のラインががたついたりすることです。
これら3つのデメリットを改善したのが「グランドアイ法」なんです。

1つ1つ原因と解決法を見ていきますね。
まず1つ目に関しては、なんでボコつくかというと、糸がちゃんと奥の方に埋め込まれていないからなんです。
なのでグランドアイ法では糸を奥に埋め込んであげる技術を使って二重を作っているので、ボコつきが改善されます。
2つ目の糸が取れてしまうことに関しては、普通の埋没法は点だけで留めているので、緩んできたらすぐに取れてしまうんです。
でも、それを編み込んできてあげることで取れにくくしています
3つ目の二重のラインに関しては、どうしても点で引っ張ると点の部分にだけテンションがかかるので、綺麗なラインを作れないんです。
だから、点ではなく面で引っ張ることで二重のラインを美しく見せることができます

最後に今二重整形を考えている方に何かアドバイスや一言メッセージをお願い致します。

二重整形を考えている人の中には「二重が取れたくないから切開法にしたい」という理由で、切開法を選ぶ方も多いと思います。
ですが二重には流行があるので、平行型が可愛いと言われている時代もあれば、末広が人気になることもあり、切開法で二重を作ってしまうとその時代の流行のメイクができない可能性もあります。
後戻りできにくい施術を選ぶのであれば、それなりの覚悟をもつ必要があるという事を忘れないでおきましょう。

もちろん埋没法には制限やデメリットもありますよ。
例えば二重の形の制限や、二重が数年後取れる可能性もあります。
しかし、後で修正が効くというメリットもあるんです。

先程も話したように、切開法は後から修正することが難しいです。
整形後、二重の形が気に食わなかったり、年取った時にこの二重は似合わないかも…という事もあるかもしれません。

どうしても切開じゃないとできない形であれば、もちろん切開でも良いと思うのですが、ただ取れないという点だけに固執して切開法を選択するのはあまりオススメできないです。

10代とか20代の方って好きなものとかファッションとか変わらないと思っている方が多いですが、年を取るにつれてびっくりするほど変わりますからね(笑)
趣味なども変われば好きなものもそれに応じて変わってくるので、長期的に考えて二重整形の施術方法は選びましょう

編集後記

今回は名古屋にある、あいち栄クリニックに取材をしてきました。
エントランスから清潔感のある綺麗な空間が広がっていて、とても居心地が良かったです。

あいち栄クリニックは美容外科、美容皮膚科だけでなく保険治療も対応しているため様々なお悩みをお持ちの方が来院されます。
そのため常に忙しい中にも関わらず、横山先生はじめスタッフの皆さんは笑顔で取材に応じてくださり、とても感動しました
また、先生自ら私たちのコーヒーを入れてくださるなど、お気遣いも素晴らしい方でした

横山先生は過去に湘南美容外科の院長としてもお勤めされているなど、経験も豊富なので安心して施術をお任せできると思います。
気になった方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

カウンセリング体験もさせて頂いたのでこちらの記事も参考にご覧ください。

「元々二重だけどもっと綺麗な二重にしたい」あいち栄クリニックでカウンセリング体験してきました
「今二重だけど自分の二重が気に入らない…」「もっと綺麗な二重のラインにしたい」など二重の悩みは元から二重の人でも抱えていると思います。 そんな悩みを今回はあいち栄クリニックの横山先生に聞いてもらいました!

プロフィール

ヤスミクリニック 木村先生

あいち栄クリニック 院長

横山 侑祐
(ヨコヤマ ユウスケ)

専門分野

・皮膚腫瘍
・熱傷
・レーザー治療(あざなど)
・首から上の美容整形(とくに目と鼻)

経歴

2006年 浜松医科大学卒業~臨床研修
2008年 藤田保険衛生大学付属病院 皮膚科
2010年 社会医療法人宏潤会大同病院 皮膚科
2014年 湘南美容クリニック 名古屋院
2015年 湘南美容クリニック 那覇院院長[設立]
2017年 湘南美容クリニック 神戸院院長
2018年 あいち栄クリニック[設立]

過去のTV・メディア出演

・2015年07月31日  RBC 金曜日のゆうわく
・2015年08月12日  QTV コレパチ
・2015年10月02日  RBC 金曜日のゆうわく
・2015年12月09日  QTV コレパチ
・2015年12月18日  RBC 金曜日のゆうわく
・2015年12月19日  QAB スパイス
・2016年04月29日  RBC 金曜日のゆうわく
・2016年06月10日  キラコレ
・2016年08月15日  QTV コレパチ
・2016年09月23日  QAB ひとめし(前編)
・2016年09月30日  QAB ひとめし(後編)
・2016年10月14日  RBC 金曜日のゆうわく
・2016年03月03日  RBC 夜更かしマングローブ
・2016年07月25日  MBS FACE

公式SNS

あいち栄クリニック公式Instagram https://www.instagram.com/aichisakae.clinic/

クリニックの詳細情報

名称 あいち栄クリニック
住所

愛知県名古屋市中区栄3-31-18

アクセス 名古屋市営地下鉄名城線「矢場町駅」4番出口より徒歩1分
電話番号 052-684-4353
受付時間 10:00~19:00 ※休診日:月曜、木曜、祝日(その他不定休あり)
公式HP https://as-cl.com/

人気の記事ランキング

RANKING

「Chel-チェル-」では多くのクリニックの取材を掲載させて頂いております

取材に関するお問い合わせはこちら

「Chel-チェル-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。