チェルアイズ 新宿ガーデンクリニック 加藤先生 インタビュー

【東京・新宿】ガーデンクリニックにインタビューしてきました!

加藤先生はガーデンクリニック新宿院の院長を務めていらっしゃいます。
患者さんのことを第一に考え、カウンセリングも丁寧に行っているととても評判です。また、二重整形以外にも脂肪吸引や豊胸手術もなされています。
今回はガーデンクリニックや二重整形の特長について、また加藤先生ご自身についてもインタビューさせていただきました。

2019年7月18日

取材お問い合わせフォームへ

ガーデンクリニックの特長、他院との違いについてお聞かせください。

ガーデンクリニックの診療における特長を教えてください。

二重整形においてはまず第一に「患者様が希望している二重をどうやって作るのか」ということを重視してカウンセリングや施術を行っています。
やはり極力患者様が理想としている二重を作ってあげたいという願いがあります

また施術方法に関しては、患者様の目の形やまぶたの状態に合わせて決めていきます。
例えばナチュラルな二重幅を希望する方で、腫れを極力抑えたいという患者様に対しては、埋没法を勧めます。
逆に幅の広い二重幅を希望する方や、以前に埋没法で二重を作っていたけれど、何度も取れてしまうという方には切開法を勧めることもあります。

他の美容外科と差別化している部分はございますか?

埋没法に関して言えば、ガーデンクリニックでは他院と違い、必要以上に糸の本数を増やしたりしないです。
実は埋没法はただ糸の止める点数が多ければ多いほど良いという訳ではありません。
少ない本数でもしっかり二重を作ることはできます。

ですから、無駄に本数を増やしたりして患者様に負担をかけるような事はしていません

ガーデンクリニックに訪れる患者様についてお聞かせください。

二重整形を受けにくる患者様の年齢層の割合など教えてください。

当院では圧倒的に20代の方が多くいらっしゃいます。
約半分の方が20代の患者様が占めています。

もちろん、40代、50代の方も来院されますよ
年齢とともにたるみが増え、二重のラインが変わってしまったので元のラインに戻したいという方も多くいらっしゃいます。
そういった場合でもまぶたを切らずに、埋没法だけでたるみを解消できます。

海外から訪れる患者様もいらっしゃいますか?

はい、定期的にいらっしゃいます。
海外から来院される方は大体月に1人くらいです。
しかし日本在中の方であれば週に1人くらいのペースで訪れます。

その中でも特に多いのが中国の方です。
患者様側もある程度日本語を理解されている方が多いですが、やはり美容整形における微妙なニュアンスが伝わりずらいこともあります。
ですので、当院では中国語を話すことができるスタッフも在籍しております。

患者様がガーデンクリニックに訪れるきっかけはなにが多いのでしょうか?

インターネットの広告から訪れる方も多いですが、もちろん口コミや評判を聞いて訪れる方も多いです。
中には当院に通われている方がご友人に紹介したことがきっかけとなって訪れる方もいらっしゃいます。

ガーデンクリニックの施術方法についてお聞かせください。

二重整形に限らず、1番人気のある施術は何でしょうか?

よく美容外科と聞くと、二重整形が1番人気があると思われる方も多いようですが、毎日二重整形ばかりを施術しているわけでもありません。
脂肪吸引や豊胸、若返りの施術を希望される方も多いです。

しかし、初めての美容整形として訪れる患者様の多くは二重整形を希望していますので、二重整形をする方も多くいらっしゃいます。

二重整形においては圧倒的に埋没法が人気ですね。
当院では約95%の方が、切開法ではなく埋没法を受けています。
その中でも4点留めが人気です。

二重整形の中でおすすめの施術方法はありますか?

人気のある4点留めがオススメです。
よく埋没法と聞くと2点留めが一般的のように思われているようですが、2点留めは4点留めと違い、二重のラインや耐久性が劣ることもあります。

カウンセリングイラスト

当院の2点留めは2点穴を空け、そこに糸をループさせる方法です。
4点留めの場合、4点穴を空けるので、糸のループが2つできます。
すると二重のラインが2点留めより4点留めの方が滑らかなカーブを作ることができます

更に2つのループがあることで、二重がすぐに取れる心配が少なくなります

腫れに関しては施術する箇所が多い分4点留めの方が若干腫れることもありますが、埋没法なので1週間もあれば大きい腫れは引きますよ。

二重整形をした患者様が次にする施術は何が多いですか?

1番多い組み合わせは、目頭切開です。
もちろん二重整形と同時に施術を行うこともあります。

目は上下(上:二重幅 下:涙袋)だけでなく、内側(目頭)や外側(目尻)の合計4方向があります。
その中でも特に上と内側は一番印象を変えることができます
ですので、二重の施術にプラスして目頭の蒙古ひだを取ってあげることで、より華やかな印象になるので人気です。

また次の整形に鼻を希望される方も多くいらっしゃいますよ。
やはり目はもちろんのこと鼻も顔の中心部分にあるので、代わり映えがあります。

加藤先生ご自身についてお聞かせください。

医師になったきっかけは何でしょうか?

医師になりたいと思った最初のきっかけは、「医師ってかっこいいな~」という憧れの気持ちからでした。
実際になってみて、やっぱりやりがいのある仕事だなと日々実感しています。

実は元々消化器外科で勤めていました。
しかし以前から綺麗なものが好きでだったこともあり、例えば街中で綺麗な人を見たときに「どうしてこの人を見るとキレイと感じるのだろうか」と考えることもあったので、そういうところを追及している美容外科は自分に向いているなと思い、美容外科の道に進みました。

美容整形において得意な分野はありますか?

様々な施術を日々していますが、その中でも脂肪吸引は得意としています。
もちろん目元の美容整形に関しても、患者様からご好評いただいていますので、得意としていますよ。

患者様と向き合う上で一番大切にしていることは何でしょうか?

患者様になるべく術後の完成形を想像しやすいように伝えることを大切にしています

例えば、手術をする前に口頭で色々伝えていても、患者様には伝わりにくいこともあります。
ですので私は、手術後の完成形をイメージしやすいように伝えることにこだわっています。
二重整形であれば、ブジーを使って二重のシミュレーションをすることでより明確な完成形を伝えることができますよね。

カウンセリング時と整形後のギャップが生まれないためにも、仕上がりをうまく伝えるようにしています。

※ブジーとは金属製、またはゴム製などの細い管または棒のことを指します。
二重整形では、このブジーを使用して二重のシミュレーションをすることがあります。

痛みや腫れについてお聞かせください。

痛みに対しての対策や対応を教えてください。

埋没法に関して言えば、痛みを感じる瞬間は、局所麻酔のチクチクとした痛みだけです。
よくこの痛みは「サボテンに指をさしたときのような感覚」と似ていると、言われています。

ですので痛みといっても、ごくわずかなものではありますが、その痛みすらも少しでも減らすために、麻酔をする前にまずはしっかりとクーリングをしています
冷やすことで感覚が鈍くなり、痛みも感じにくくなります。

またどうしても不安な患者様には、笑気麻酔をして気分を和らげることもあります。

術後の腫れに対するアフターケアは何が効果的でしょうか?

手術が終わった直後はよく冷やしてください
冷やすことで腫れが引きやすくなります。

しかし2~3日経過した後は、逆に温めることをオススメしています。
温めることで血行が良くなり、むくみなどの症状もが改善されますよ。

二重整形をした後の患者様についてお聞かせください。

二重整形をした後の患者様からはどんな喜びの声がありましたか?

やはり一番嬉しい声は、二重整形をした後にバレなかったという声ですかね。
友達など親しい間柄の人にもバレなかったようで、こちらも嬉しくなりました。

また中には「手術の帰り道に、人生で初めて男性に声をかけられた」という方もいて、それを聞いた時も嬉しかったです。

また、逆に整形後でも悩みを相談されることはあるのでしょうか?

「腫れが長引いて気になる」という声をたまに頂くこともあります。
特に無理をして二重幅を広く希望した人は、腫れが長引く傾向にあります。
もちろんあらかじめカウンセリング時にもお伝え致しますが、体質によっては長いと2週間ほど腫れが引かない人もいらっしゃいます。
そういったときは、時間が解決していきますので、腫れが治まるまで待っていただきます。

最後に、これから二重整形を考えている方にアドバイスやメッセージを頂きたいです。

クリニックを選ぶときのポイントはありますか?

一番大切なのは、信頼のおける医師を探すことですね。
どんなに腕の良い医師でも、神様ではないので確実に失敗しないとは限らないですよね。
ただそうなった時に、誠実に対応してくれるかどうかがカギです。
ですからそういった医師を探す為にも、色々なクリニックに行って、様々な医師とカウンセリングをして話すことが大切だと思います。

加藤先生から二重整形を希望している方にメッセージをお願いします。

やはり目元というのは、顔を見たときに一番印象につきやすい部分です。
ですから、理想の目元を手に入れるだけでも、生活や人生が大きく変わってくるかと思います。
悩んでいる方はぜひ、お気軽にご相談くださいね。

編集後記

今回はガーデンクリニックの加藤先生にインタビューさせて頂きました。
院長先生というと堅苦しいイメージがありましたが、見た目もかっこよく、とても朗らかで優しい先生でした。
取材中の雰囲気も加藤先生のおかげで、終始和やかなまま続けることができました。

カウンセリング体験も行わせていただいたので、よろしければこちらの記事もぜひ読んでみてください。

「二重のクセが安定しなくて…。」ガーデンクリニックで二重整形のカウンセリングを受けてみた
以前から二重のクセが安定しないことに悩みを持っていたChel編集部スタッフがガーデンクリニックでカウンセリングを受けてきました!

二重整形や美容整形を考えている方は、ぜひ一度ガーデンクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

無料カウンセリング予約

 

プロフィール

東京美容外科 小野先生

ガーデンクリニック 新宿院 院長

加藤 雄大
(カトウ タケヒロ)

専門分野

・脂肪吸引
・豊胸
・若返り
・目元の整形

経歴

・2010年 長崎大学医学部 卒業
・2014年 福岡ガーデンクリニック 院長就任
・2017年 新宿ガーデンクリニック 院長就任

所属学会

日本美容外科学会正会員

公式SNSなど

医師紹介(加藤先生) https://www.garden-clinic.net/clinic/dr06.php

加藤先生の公式BLOG https://profile.ameba.jp/ameba/garden-ta-kato

加藤先生の公式Instagram https://www.instagram.com/garden_kato/

クリニックの詳細情報

名称新宿ガーデンクリニック
住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5F

アクセス

JR新宿駅南口改札より徒歩5分 「IDC大塚家具」さん並びのビル5階

電話番号0800-813-9229
受付時間

10:00~19:00

公式HP

https://www.garden-clinic.net/

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。