保険適用でできる二重整形って?眼瞼下垂と逆さまつげは保険適用?費用も知りたい!

二重整形と聞くと美容整形なので保険が効かないと思っている方がほとんどだと思います。確かに基本的に二重整形は審美治療(※しんびちりょう)とみなされ自費で支払いますが、眼瞼下垂(がんけんかすい)と逆さまつげの方は保険が適用になりますそれはこの2つの病気は治療が必要なものとされているからです。

二重整形 無料カウンセリング予約

二重整形したいけど「手術費用が意外と高くて…」と感じる方は多いと思います。
できれば保険を適用させて、安く済ませたいですよね。

今回はそんな方に向けて、二重整形に保険を適用させる方法など、整形にかかる費用について詳しく解説していきます。

二重整形で保険が適用されるのは
どんなケース?

二重整形に保険が適用されるのは、二通りのケースがあります。

眼瞼下垂

Chel 二重整形 眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉が弱くなることでまぶたが下がり、目が開けづらくなる症状のことです。
眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものは、加齢やコンタクトレンズの長期装用が原因で起こります。

手術せずに放置しておくと、眼精疲労や肩こり、頭痛などの症状の原因に繋がる場合があります。

逆さまつげ

逆さまつげとは、まつげが外側ではなく内側に向かって生えてきてしまう症状です。
まつげが眼球に触れた状態になるため、目に異物感を感じたり痛みを感じたりする場合があります。
ひどくなると角膜に炎症が起きる場合や、視力が落ちることもあります。

これらの症状は、まぶたを持ち上げる治療をすることで治ります。
この時に二重まぶたになる可能性が高く、保険での二重整形ができると思われがちです。
しかし、あくまで症状を治すために二重になるのであって、二重整形が目的の治療ではありません

そのため、何かしらの症状がない限り、保険適用での二重整形はできないと考えてよいでしょう。

 

美容クリニックの二重整形と
保険のまぶた治療の違いは?

美容クリニックで二重整形をする際の手術法と、眼瞼下垂や逆さまつげを治療する際の手術法には違いがあります。
以下で詳しく説明させていただきます。

美容クリニックでできる二重整形

二重整形の手術には、大きく分けて「埋没法」と「切開法」の二種類の方法があります。

埋没法

埋没法はいわゆるプチ整形と呼ばれる方法で、まぶたにメスを入れないことが最大の特徴です。
メリットとしては以下などが挙げられます。

・手術費用が安い
・失敗してもやり直しがきく
・手術時間が短い
・術後の痛み・腫れが軽い

切開法

切開法は文字通り、まぶたを切開して二重まぶたをつくる方法です。

メリットとしては以下などが挙げられます。

・半永久的に効果が続く
・幅の広い二重まぶたにできる
・まぶたの脂肪を取り除くことができる

切開法の記事について詳しく見る

保険適用のまぶたの手術

眼瞼下垂と逆さまつげでは、それぞれ違った手術法が用いられます。

眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術法はいくつか種類がありますが、基本的にはまぶたを切開する方法が用いられます。
まぶたを切開し、中の筋肉の付着部を強化・修復することで目の開きを良くします。
切開した皮膚の部分が二重のラインになるため、傷は目立ちません。
また、この手術ではたるんだ皮膚を切除することもできます。

逆さまつげ

逆さまつげの手術法は、逆さまつげのタイプによって変わるのですが、基本的には美容整形の「埋没法」「切開法」と同じ方法が用いられます。
ただし、美容整形では希望の術法を選ぶことができますが、逆さまつげの場合は目の状態によって決まるので、選べない場合があります。

 

保険適用の治療と美容整形、
結局どっちがおすすめ?

美容整形は費用はかかりますが、自分の理想の二重まぶたにすることができます
一方、保険の適用される治療では、あくまで症状を治すことが目的なので、二重のラインや理想の形など、自分の要望を伝えられない場合が多いです。
とはいえ、その部分に関してはクリニックや医師によることもあるので、治療目的だからといって仕上がりが良くない、ということではありません。

「眼瞼下垂や逆さまつげの症状が重くて、治療を受けるついでに二重にしたい」というような方は保険適用の治療で十分だと思います。
逆に、「症状はそんなに重くないから、とにかくきれいな二重まぶたに仕上げたい」という方は、美容クリニックへ行った方が良いでしょう。

また、眼瞼下垂の手術では保険が適用されますが、それでも両目手術した場合5万円ほどかかることが多いです。
最近の美容クリニックでは、同じくらいの値段で埋没法を受けられる場所もあります。
ですので、無理に保険適用の治療にこだわるよりも、少し値が張ったとしても美容クリニックへ行く方が確実かもしれません。

 

保険以外にも
手術費用を抑える方法がある!

二重整形を受けるにあたって、実は保険以外にも費用を抑える方法があります。

モニター募集に応募する

美容クリニックでは、院内や公式サイトに掲載する写真を、モニターとして募集していることがあります。
応募する為にいくつか条件はありますが、モニターとして採用されれば、手術費用を大幅に抑えることができます。
どのくらいの値段になるかはクリニックによりますが、無料になる場合も多いです。
モニターは主に美容クリニックの公式サイトで募集しています。
常に募集しているわけではないのでタイミングにもよりますが、もし見つけた方は検討してみてはどうでしょうか。

安くて信頼できる美容クリニックを探す

最近は美容整形の需要が高まってきた影響もあり、安い価格で二重手術が受けられる美容クリニックが増えてきています。
場所によっては1万円~2万円で二重にできるクリニックもあるので探してみるといいでしょう。
それらのクリニックについてまとめた記事もあるので、気になる方は目を通してみてください。

安い二重整形について詳しく見る

 

【まとめ】
保険治療を考えている人へ

キレイな二重まぶたにしたいけど、やはり可能な限り費用は節約したいですよね。
しかしあまりに費用にこだわりすぎると、自分の理想の二重まぶたから遠ざかってしまう可能性があります。
また、費用を抑えて施術を受けたことが原因で仕上がりに納得できない場合、やり直すのにかえってお金がかかってしまうなんてことも考えられます。

せっかく二重整形するのなら、自分自身が長く愛せる、素敵な二重まぶたを手に入れたいですね。
それならば、多少費用がかかっても満足のいく手術を受けた方が、長い目で見たときに良いのではないでしょうか?
もちろん眼瞼下垂や逆さまつげの症状をお持ちの方は、保険治療での検討もしてみてください。

 

こんな記事も読まれています

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。