高校生だって二重整形したい コラム

高校生だって二重整形したい!

毎朝二重を作るのって地味に時間がかかるし大変ですよね。

しかも毎日キレイにできるならまだしも、日によって上手く作れなかったり、夕方になると一重に戻ったり…と二重に対する悩みは尽きないと思います。

さらにアイプチをずっと使い続けることによって、まぶたの皮膚が伸びてきたり肌荒れなどのトラブルが起きる方も多いようです。

この悩みを解決させるのに一番効果的なのが「二重整形」です。

最近では中高生からでも整形をする方が増えているみたいです。

しかし整形したいけどなかなかできない人が多いのも現状。

では何が原因で整形に踏み込めないのでしょうか?

二重バナー02[PR]

二重整形したいけどできない理由は?

Chel 二重整形 リスク

・親が反対している
・整形後の周りの目が気になって勇気が出ない
・金銭面的に厳しい
・手術自体がが怖い
・失敗しないか不安
・腫れや痛み、傷の心配

できない理由は人によって様々だと思いますが、二重整形を希望する学生は特にこのような悩みを持つ方が多いみたいです。

ではこの問題を解決できる方法を考えてみましょう。

両親を説得させるには…

Chel 二重整形 親 説得

二重整形にあたり、一番多くある悩みが「両親からの反対」です。

未成年の整形において親の同意書は絶対に必要になります。

クリニックによっては同伴でないとダメなところもあるみたいです。

まずは自分が二重整形をしたいことを話し、なぜご両親は反対されているか理由を聞いてみましょう。

その理由に良くある3つの例をあげてみたので、ぜひこの解決策を参考に話し合ってみてください。

二重整形自体に偏見がある

今の若い世代には「二重整形」ということに対して抵抗を持つ人が減ってきましたが、ご両親の世代によっては昔からのイメージで「整形=悪いもの」という印象が残っている方も少なくないはずです。

昔は今のように簡単に短時間で終わる整形がなかったので、二重整形でも大手術でしたし、その分お金もかかりました。

さらに整形の馴染みが少なく偏見も今よりずっと多くありました。

このイメージがまだ頭の中にあると、やはり「自分の子供にそんなことをさせたくない」と思ってしまって当たり前だと思います。

それにご両親にとってはどんな顔でも自分の子供は可愛いものですから。

ですのでまずは今の二重整形の現状を話してみてはいかがでしょうか?

整形に対する偏見が無くなるだけでもだいぶ意見が変わってくるかと思います。

また中には整形すると顔がとても変わってしまう…と思っている方も多いようですが、普段からアイプチや目細工をした顔をご両親が見ていたとしたら、それが整形後の顔になるだけなので、たいして変化はありません。

このことももう一度認識させておいても良いかもしれませんね。

費用が高いと思い込んでいる

金銭面の問題ですが、プチ整形と呼ばれる「埋没法」であれば一番安くて1万円以下で提供しているところも多くあります。

もう少しグレードをアップさせたとしても、3万円程度で済むことが多いみたいです。

これならご両親に頼らずともバイト代やお年玉でもやりくりできるのではないでしょうか?

自分ではどうしてもお金が出せない場合は、医療ローンなどで一括で支払いしない方法もありますので、そういったこともご両親に教えてあげてみてください。

ちなみに二重整形は保険外治療ですが、眼瞼下垂や逆さまつ毛であればしっかりとした治療が必要な病気になってくるので、保険治療で二重整形ができ、費用も1万円程度済みます。(あくまで医療目的の二重整形であるため、美容整形とは違い整形後の見た目や自分の理想の二重の幅が必ずしも実現するとは限らないので、眼科の先生とキチンと相談する必要があります)

 

眼瞼下垂や逆さまつ毛などの保険治療について

学生だから整形を反対している

「今は学生だからダメ」という親御さんも多いみたいですが、実は学生のうちに整形するメリットもあります。

1つは学割が使えるということです。

近年、学生のうちに整形する方が増えてきていることもあり、学割が適用になるクリニックも増えています。

同じ内容の二重整形でも、学生か社会人かというだけで金額が大きく変わってきますので、安く済ませたい方にはオススメです。

有名な美容外科で言うと、品川美容外科でも学割を実施していますので、気になる方は下記の記事も参考にしてみてください。

品川美容外科のここがスゴイ!
豊富な経験と高い技術力を持つ医師が多数在籍し、圧倒的な症例数を誇る品川美容外科。分かりやすいシンプルな料金設定も人気の理由で、二重整形初心者さんにおすすめの品川美容外科のおすすめポイントや店舗情報を要チェックです!

そしてもう1つのメリットは、長期休暇があるということです。

社会人になると有休を使っても1週間程度しか休むことができない場合がほとんどですので、まだ腫れが残ったまま出勤せざるをえないこともあります。

社会人で二重整形をするには?
二重整形をしたくても社会人の場合は仕事があるため中々タイミングがないのが現実。長い期間休めない、でも職場にはバレずに二重整形をしたい…!そんな社会人にオススメの二重整形についてご紹介したいと思います。

しかし学生のうちなら夏休みなどの長期休暇がありますので、きちんと整形後も療養でき、腫れや傷が収まるまで人に会わずに過ごすこともできるのです。

特に思春期のうちは「整形したいけどバレたくない」という気持ちが多いと思うので、なおさら良いと思います。

なにより1番大事なのは「自分がどうしても整形したい」と分かってもらうことです。

周りの友達がやっているからなどの軽い気持ちではなく、どうして二重になりたいのか、二重でないことでどんな悩みを抱えているのかなど、事細かく相談してみることで、本気が伝わると思います。

しかしご両親側にもちゃんと整形してほしくない理由があるはずですので、かたくなに自分の意見を押し付けるのではなく、ちゃんと理由を聞くことも大切なことです。

また同じ女性としての立場で考えられるのはやはり母親ですので、まずはお母さんに相談してみるのも手かもしれないですね。

整形後の周りの反応が気になる

Chel 二重整形 周りの反応

整形をして二重になりたいけれど、周りになんて言われるか、バレないか、からかわれたりしないか…など心配になるかと思います。

では実際に周りの人や、整形をした人の声も見てみましょう。

【20代の女子の声】

・友達がしてて普通に羨ましかったです。お金と休みさえ取れれば私もやりたいです。

・一重を二重にした友人がいました。私の感想は「もったいない」でした。やるならもっと幅が狭いナチュラルな感じのが良かったんじゃないかな~なんて思っちゃいました。

・二重にした事により自信がついたのか、彼氏ができたりおしゃれになったりして、とてもステキな女性になったと思います。

・職場に目を整形した同僚がいました。もちろん本人がカミングアウトしないので暗黙の了解のように誰も触れません。別に誰にも迷惑かけていないし、ある程度年齢が行くともう整形とかどうでもよくなります。

【20代の男子の声】

・友人がしました。普通にかわいかったですよ。

・初めて会った人は、そういう顔だと思うんじゃないでしょうか。周りに妬む様な人がいてばらさない限り大丈夫。

・普通の人は整形だと知っててもすぐ忘れます。

・目くらいだったらどうせ化粧したら変わるし、そんなにこだわりはない。

・整形とかなんでも良いです。僕はしてても別に何とも思わないかな。

【経験者の声】

・誰かに迷惑をかける訳でもなく、ただ自分の理想に近付くだけのことです。一生のうちの数万円なら安いと思います。

・アイプチ代も意外とかかるし、むしろ長い目で見たら整形してしまった方が結果安いと思う。

・それほど親しくないクラスメイトからは「こんな顔だったっけ?」で済んだし、「整形した」と思われてもすぐ卒業だったので、その後ほとんど付き合いがなくなると思えば気楽でした♪

・時々話のタネに「手術で二重まぶたになったんだ~」ってカミングアウトしてみたりもしますが、プチ整形が珍しくないのかその程度じゃ驚かれなかったです(笑)

・整形したばかりの時は違和感があったせいかあまり評判はよくなかったけど、確実に二重にしてからのほうがモテるようになりました。

これを見るとほとんどの人が「整形」にたいして悪く思っていないように見られます。

日本人の7割が実は一重であると言われてます。しかし周りには二重の人が多くいるように感じますよね?

それは時代の流れや流行りにより、「二重=可愛い」という認識が広がったことで、二重を目指す方が増えたことが影響です。

元々は一重の人もアイプチや整形などで二重になった人が多いということです。

つまり多くの方が二重の悩みに一度はぶつかったことがあるので、整形に対する偏見も昔より少なくなってきているのだと思います。

自分が思っている以上に、他人は自分の顔を見ていません。

実際は誰にも陰口言われていないのに、自分の想像で言われていると思い込み、それで不安になってしまいがちです。

せっかく理想の二重になれたのに自信が持てないのはもったいないです。

ただ一応知っておきたいのが、人によって整形に対するイメージが違うため、中には整形に対して偏見を持つ人もいるということです。

整形するのであればある程度の覚悟は持っていったほうが良いと思います。

手術への不安、痛みや腫れ、傷はどんな感じ?

Chel 二重整形 痛み 腫れ

これといった手術をうけたことが無い人にとっては、施術=怖いのような恐怖心や不安が多いと思います。

また、病院=痛いのイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

【手術に対する不安】

二重整形が初めての手術になる方もいると思いますが、いくら簡単な手術だと聞いていても、何も知らないと不安になりますよね。

しかし同年代の人はもちろんのこと、自分より年下の子までもが二重整形の手術を体験しているということは、想像している以上に大がかりな手術ではないです。

痛みも麻酔をしているのでわからないですし、時間も15分程度しかかからないので、あっという間に手術は終わります。

ちなみにネットで二重整形について調べていくと、「失敗された」という言葉も目にすると思うのですが、それは医師側の医療ミスというより、自分の理想の幅にならなかったというだけです。

しっかりカウンセリングさえ受ければ失敗するリスクは低くなるので安心してください。

【痛み】

手術中は麻酔をするので、埋没法、切開法に関わらず最初の麻酔の痛みくらいしか感じないという方がほとんどのようです。

術後は個人差はありますが、数日間は痛みやゴロつき感が残る人もいるようですが普通に日常生活を送れる程度です。

【腫れ・傷】

施術方法によって大きく異なります。

切開法(せっかいほう)…手術をした日から約2週間は腫れのピークです。赤みや傷跡も埋没法と比べてかなり目立ちます。そのあと大体1ヶ月程度かけて徐々に腫れが収まりますが、完全に二重が完成するまでは長くて6ヶ月かかります。

埋没法(まいぼつほう)…手術をした日から約3日間は腫れのピークです。傷も糸で留めた点数などにもよりますが目立ちます。そのあと1週間ほどで腫れはだいぶ落ち着いて傷跡も目立たなくなってきます。しかし完全に腫れが引くまでは1ヶ月ほどかかります。
切開法と埋没法の腫れについて

やはり初めて整形する子や学生向きなのは「埋没法」です。

価格だけでなく、術後の腫れも少なくて済むので、リスクが低く初心者に向いてます。

問題を解決してから整形しよう

Chel 二重整形 悩み 解決

二重整形をしたいと相談すると決まって「20歳になってからにしなよ」「社会人になって自分でお金を稼いでからにしなさい」と言われることも多いと思います。

でもそれでは意味がなく、今すぐ(学生のうち)にでも二重になりたいと思いますよね。気持ちはとても分かります。

学生は体育祭や文化祭など写真を撮ることも多いですから、余計に「二重になりたい」という気持ちは強くなるのだと思います。

でもどうせするなら、絶対成功させて楽しい二重生活を送りたいと思いませんか?

例えば二重整形が理由で人間関係が壊れたりしたら、整形した後もずっとモヤモヤが残ったままになり、今度は別のことで悩みが増えてしまうかもしれません。

やはりベストなのが、整形する前に不安や問題点をきちんと解決してから受けることです。

ご両親へ二重整形の説得や、下調べ、お金をどう貯めるかなど、受ける前に解決しておかなければいけないことは山積みです。面倒くさいことだとは思いますがこの問題を解決するかしないかで整形後の二重人生に大きく影響がでると思います。

将来的に結婚や子供のこともあるので、目先の目的だけで選択するのではなく、長い目で見て考えることが大切です。

きっとご両親とちゃんと話し合って二重整形に「OK」をもらえれば、自分が整形後二重になって幸せと感じたとき、ご両親にとってもそれが幸せになるはずです。

二重整形は自分のためでもあり、周りの人のためでもあると思って問題にちゃんと向き合って決めていきましょう。

人気の記事ランキング

RANKING