二重整形を失敗しないために│クリニック&医師の選び方やカウンセリングについて

いざ二重整形をしようと思った時に気になるのが “失敗の可能性” 。憧れの二重になれるとはいえ、手術にはリスクが伴いますし、失敗の可能性もないとは言い切れません。この記事では二重整形の失敗例を紹介するとともに、失敗の確率を下げるために二重整形前にしておきたいことについてまとめています。「絶対に二重整形を成功させたい!」そんなあなたに必見の記事です。

2019年7月23日
二重整形の相談無料カウンセリングに行こう!詳しくはコチラ

二重整形の失敗ケース

そもそも二重整形の「失敗」とはどのような状態を指すのでしょうか?

まずは二重整形の失敗ケースを見ていきましょう。

【二重整形の失敗例・リスク】
①目がゴロゴロするなどの違和感がある
②しこりがありまぶたがボコボコする
③腫れやあざが長期間続く
④まぶたの傷跡や赤みが目立つ
⑤目に痛みがある
⑥手術後に頭痛が出る
⑦ラインの食い込みが強い/弱い
⑧二重ラインが取れてしまった
⑨二重の左右差が出る
⑩幅が広すぎる/狭すぎる
⑪希望通りのラインにならない

手術直後はダウンタイム(腫れや痛みなどが治まるまでの期間)があるため、これらの症状が現れることは大いにあり得ます。

しかし手術からしばらく経ってもこのような症状が見られる場合は失敗の可能性があるため、医師に相談する必要があるでしょう。

 

失敗の確率を下げるためにできること

二重整形の成功率はどれくらいなのか、正確な数字は出ていないようですが、失敗の確率を下げるためにできることはあります。

失敗を防ぎ、満足のいく結果を得るためにも事前にできることを確認しましょう。

①クリニック・医師選びを慎重に行う

「しこりがありまぶたがボコボコする」「まぶたの傷跡や赤みが目立つ」といった医療ミスと呼べる症状がある場合は、医師の経験年数が大きく影響しているようです。

そのため、クリニックや医師選びを念入りに行うことが非常に重要です。

【クリニック・医師選びのポイント】

【1】医師プロフィールをチェックする
経験が浅い場合や、希望の術式に力を入れていない場合は、技術力が十分でないことが考えられるため医療ミスにつながる可能性が高くなります。
そのため、医師プロフィールで資格症例数医師歴得意な施術をチェックすることで医師の腕を見極めることが重要です。

【2】失敗やリスクを正直に伝えてくれるか
失敗があった場合にフォローをしてくれる医師かどうかを見極めるためには、カウンセリングの際にメリットだけでなくデメリットについても正直に話してくれるかを確認することが大切です。
中には利益を優先してむやみに施術を勧める医師がいる場合もあるため注意しましょう。

【3】アフターケアや保証プランをチェックする
万が一失敗したときに備えて、術後のアフターケアや保証プランが充実しているクリニックを選びましょう。
保証についてはこちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。
二重整形に永久保証は必要?│埋没法の保証期間の選び方や適用ケースについて

②カウンセリングで意思疎通をしっかり行う

「失敗=医療ミス」と考える方も多くいらっしゃると思いますが、実は患者側が思っていた二重にならなかったことを失敗と言っている場合も多くあります。

思うような二重にならなかった場合の大きな原因となっているのは医師とのコミュニケーション不足です。

カウンセリング時に医師に自分の希望を細かく伝えることで失敗の確率は大幅に減ります。

【カウンセリングのポイント】

【1】画像を用意し理想の二重を明確に伝える
思い通りの二重にしてもらうために最も重要になるのが、理想の二重デザインを医師に理解してもらうことです。
一見簡単なことのように思いますが、意外と言葉だけではイメージを伝えることは難しいのです。
そのため美容室でヘアカタログを見て髪形を伝えるように、写真やイラストなどのわかりやすい素材を用意すると医師も理解しやすくなります。

【2】まぶたの状態をしっかり診てもらう
例えば厚い一重まぶただとプチ整形の埋没法では二重ラインが取れやすかったり、二重の幅感がわからないまま手術をしたら想像以上に幅広の二重になってしまった…など、自分に合う二重デザインを知っておかないと「思っていた二重にならなかった」といったことが起きてしまいます。
理想を目指すことは大切ですが、それが本当に実現可能か自分のまぶたに合うのかをきちんと考えて二重デザインを決めることが大切です。
もちろん自分で解決できることには限界がありますので、カウンセリング時に気になることは専門家である医師に相談しましょう。

【まとめ】
100%成功するとは限らない

■クリニック・医師選びのポイント
【1】医師プロフィールをチェックする
【2】失敗やリスクを正直に伝えてくれるか
【3】アフターケアや保証プランをチェックする
■カウンセリングのポイント
【1】画像を用意し理想の二重を明確に伝える
【2】まぶたの状態をしっかり診てもらう

アイプチ感覚と言われるほど身近に二重整形を感じる世の中になりましたが、手術は手術です。

そのため100%理想の二重になれるとは限りません

成功の確率を上げるためには、クリニック選びカウンセリングでの伝え方が非常に重要です。

理想の二重になって楽しい毎日を送るためにも、ポイントを抑えて事前の準備を進めましょう。

こちらのページでは無料カウンセリングを行っているクリニックを紹介しています。

各クリニックの特徴をわかりやすくまとめているので、カウンセリング予約がまだお済みでない方はクリニック選びの参考にしてくださいね。

無料カウンセリングを行っている
クリニックはこちら

 

こんな記事も読まれています

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。