二重整形に永久保証は必要?│埋没法の保証期間の選び方や適用ケースについて

二重整形の保証期間は長い方がいいの?そもそも保証は必要なの?二重整形の保証はクリニックによって内容も期間も様々です。何を基準に選べばいいのか悩みますよね。この記事では、保証プランを選ぶポイントについてお伝えしていきます。二重整形の保証について悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年7月22日
二重整形の相談無料カウンセリングに行こう!詳しくはコチラ

二重整形の保証をつけると何ができる?

二重整形の施術の中でも、時間の経過とともに二重が取れてしまう可能性のある埋没法。

手軽に受けることが出来るといっても、何年後かに取れてしまうのでは困りますよね。

そこでつけると安心なのが「保証」です。

この保証をつけると、保証期間内で医師が診断し条件をクリアした場合に無料で再手術を受けることができます

保険が適用される条件は「手術前と後の写真が撮られている」「保証期間内である」などクリニックによって異なるため、契約時にしっかりと確認しましょう。

また、無料でできるのは同じ手術のみです。手術内容を変えたり、麻酔、痛み止めなどのオプションは通常の料金がかかるため注意しましょう。

 

二重整形の保証が適用されるケース

では具体的にどのような場合に保証が適用されるのでしょうか。

実は「二重ラインが取れてしまった場合」以外にも保証が適用されるケースがあります。以下の3つのケースについて詳しく見ていきましょう。

【1】ラインが取れてしまった場合
【2】ラインの変更をしたい場合
【3】抜糸をして元に戻したい場合

【1】ラインが取れてしまった場合

多くのクリニックで保証適応の対象となっているのがこのケース。

埋没法は医療用の糸をまぶたの内側の皮膚に留めることで二重をつくる方法ですが、その糸は90%の確率で数年以内に取れてしまうと言われています。

糸を留める点数などによっても二重の持続期間は変わりますが、一般的に2点留めの場合は3年~5年しか二重がもたないと言われています。

そのため二重が取れてしまう場合に備えて、多くのクリニックでは1年~10年保証、あるいは永久保証など幅広い期間の保証を用意しています。

保証期間内であれば留め直しが可能!
ラインが薄くなってきたと感じたら
クリニックで糸を留め直してもらいましょう。

【2】ラインの変更をしたい場合

二重が完成した後に「希望していた二重幅と違う」「左右差がある」などラインを変更したい場合が出てくるかもしれません。

クリニックによってはこのケースでも無料で再手術が可能な場合があります。

しかし保証が適用されるのは、医師の失敗などで希望していた二重幅と違う、明らかな左右差がある場合のみです。

「二重のデザインを変更したい」など個人的な理由のものは保証対象外になります。

このケースは保険適用の判断が困難。
カウンセリング時にしっかりと
医師に確認するようにしましょう。

【3】抜糸をして元に戻したい場合

ラインを変更したい場合と同様に、希望していた二重にならず、元のまぶたに戻したい場合にも保険が適用される可能性があります。

しかし埋没法で使用している糸は時間が経つほど抜糸が難しくなるため、抜糸をしたい場合は早めに医師に相談するようにしましょう。

この理由から、抜糸をしたい場合の保証期間は長くても1年間と、短いクリニックが多くなっています。

抜糸は保証期間内なら無料で受けられますが、
手術費は返金されないことは知っておきましょう!

 

まぶたのタイプ別!保証期間の選び方

ここまで保証が適用されるケースについてお伝えしてきましたが、実際にはどれくらいの年数の保証をつけると良いのでしょうか。

ここでは「どれくらいの保証期間にするか」「そもそも保証をつけるべきか」迷っているあなたに保証選びのポイントをお伝えしていきます。

実は元々のまぶたの状態によって適切な保証期間は変わります。

まぶたが薄い人は保証期間が長いと安心

まぶたが薄く二重が取れにくい場合は保証をつけるならば期間が長い方が安心です。

なぜならまぶたの脂肪が薄いと保証期間以上に二重を維持できる可能性が高いからです。

具体的にどれくらいの年数にすべきかお悩みの方は、カウンセリング時に医師に診てもらい、自分のまぶたの状態だとどれくらいの期間二重を維持することができそうか確認するといいでしょう。

医師が取れる心配がなさそうだと判断したら保証をつけなくてもいい場合もあります

まずはカウンセリングでまぶたの状態をしっかりと診てもらいましょう。

こちらのページでは各クリニックの特徴をまとめていますので、カウンセリング予約を考えている方は参考にしてみてくださいね。

無料カウンセリングを行っている
クリニックはこちら

まぶたが厚い人は永久保証をつければ安心って本当!?

「まぶたが厚いから何回埋没法をしても取れてしまうかも。だから永久保証をつければ安心なはず!」

実はそれ、間違っているかもしれません。

なぜなら二重が取れやすい方の場合は、何回手術を繰り返しても二重が取れてしまうことに加え、いくら保証期間を長くしても埋没法の再手術の回数には限度があるからです。

やり直しができる埋没法ですが、何回も手術を繰り返すと、まぶたに糸が溜まり目に大きな負担がかかってしまいます。

このことを理由に多くのクリニックでは再手術の回数は2~3回を限度としています。

そのため「まぶたの皮膚が厚い」「脂肪が多い」「眼瞼下垂」などが原因で二重が取れやすい場合は、手術後すぐに取れてしまった時の対策としてまずは短い期間の保証をつける方が良いでしょう。

また「何度埋没法を繰り返しても二重が取れてしまう」といったように、どうしても埋没法が適さない場合には保証期間ではなく施術法を考え直す必要があります

メスを入れ、余分な皮膚や脂肪を取り除く切開法なら二重が取れる心配はありません

値段も埋没法に保証をつけた場合と大きく変わらないので、切開法を検討してみても良いかもしれません。

切開法について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
二重整形の全切開と部分切開の違いって?

 

切開法にも保証はつけられる?

切開法には保証がないクリニックが多く、あっても1年保証がほとんどです。

1度受けたら半永久的な二重を手に入れられる分やり直しが難しいため、保証プランを用意していないクリニックが多いのです。

切開法の保証が適用されるケースは、明らかな失敗などの見た目を保証するものです。

切開法が不安で保証をつけたいという方は切開法の保証が充実している湘南美容外科を選ぶと良いかもしれません。

湘南美容外科について詳しく知りたい方は、こちらのページも参考にしてみてください。

湘南美容外科(新宿・渋谷・池袋・銀座など)の二重整形の予約やモニター情報など
「美容医療」をもっと身近に感じてもらうために、極限まで価格をおさえて提供している湘南美容外科。学生さんでも手が伸ばしやすい価格設定と圧倒的な店舗数で、気軽に通いやすいですよね。そんな湘南美容外科のオススメポイントや店舗情報を詳しくご紹介します。

 

保証制度はカウンセリング時に要確認

保証内容はクリニックによってまったく異なり、ラインが取れてしまった場合のみ保証を適用するクリニックもあれば、術式によってつけられる保証の期間が変わるクリニックもあります。

適用の基準もクリニックによって変わりますので、保証についてはカウンセリング時に念入りに確認するようにしましょう。

また、納得のいくプランを選ぶためには、一つのクリニックではなく複数のクリニックで話を聞くことが重要です。

こちらのページでは特徴を抑えながら各クリニックの紹介をしていますので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

無料カウンセリングを行っている
クリニックはこちら

また、実際に保証を適用したい場合は保証の期日をしっかり守りましょう

明らかな失敗も保証期間を過ぎてしまうと、無料で再手術を受けられなくなってしまいます。

なるべく早めに手術を受けたクリニックに足を運び、直接医師に相談しましょう。

 

こんな記事も読まれています

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。