埋没法で二重整形をしたけど抜糸したい!

埋没法で二重整形をしたけど抜糸したい!再手術はいつからできる?どんな手術内容?

「腫れなのか失敗なのか分からないし元に戻したい」「思っていた二重と違った」など、埋没法で二重にしたが理想と違い、抜糸したいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、再手術するのも不安ですし勇気がいりますよね。埋没法の抜糸について、詳しくお話していきます。

2019年7月17日
二重整形の相談無料カウンセリングに行こう!詳しくはコチラ

抜糸はいつからできる?

Chel 二重整形 抜糸 いつから

埋没法で二重にしたけどやっぱり元に戻したい、違うラインでやりたいと考えている場合、その方のまぶたの状態にもよりますが基本的には抜糸できます。
では抜糸はいつからできるのでしょうか?

とりあえず1ヶ月は様子を見てみよう

腫れがひどい、思ったラインと違うと感じていても1ヶ月ほど経つと二重のラインが馴染んでくることが多いです。

徐々に理想の二重ラインに近づいてくるので、できれば1ヶ月は様子を見てみましょう。

もちろん1ヶ月待たなくても抜糸できますが、腫れた状態でさらに上からまぶたをいじることになるので腫れが長引いてしまいます。

1ヶ月経過したけど抜糸したいと思ったら

術後1ヶ月様子を見たけどやっぱり抜糸したいと思った場合は、なるべく早めにクリニックへ行きましょう。

1~2ヶ月以内であればほとんどの糸は取れますが、術後1年ほど経つと糸が皮膚と癒着(ゆちゃく)してしまい、まぶたの組織と馴染んで糸が見つけられなくなる可能性が高いです。

糸が取れたとしてもまぶたの薄い方は元のまぶたに戻らず、皮膚が癒着して二重のラインが残ることもまれにあります。

抜糸の料金ですが、受けたクリニックの保証によって異なります。

一年以内など一定期間で抜糸や幅の変更が保証内容に含まれていることもありますので、手術を受けたクリニックで確認してみましょう。

抜糸はどんな手術内容なの?切開する?

Chel 二重整形 埋没法 抜糸

埋没法はまぶたの裏に糸が埋まっている状態なので、まぶたの表面を2mmほど切開し、専用のハサミなどを用いてそこから糸を取り出すのが一般的な手術方法です。

切開するので、術後はまぶた表面に小さな赤い穴ができますが、2日程で穴はふさがります。かさぶたになってもメイクでごまかせる程度です。

たまに「傷口がボコボコしている」と不安になる方もいますが、1ヶ月ほど経てば綺麗に治るのであまり気にしないようにしましょう。

抜糸後のダウンタイムが不安…

Chel 二重整形 抜糸 ダウンタイム

抜糸後にもダウンタイムはあります。

なるべく早い段階で抜糸をすると糸を見つけやすいですし、糸を見つけるのが早いと抜糸に時間がかからないため、腫れや内出血も少なくなります。

しかし、3点留めや6点留めなどの複数の点で留めていたりすると、糸が取れにくいため抜糸に時間がかかり、一週間ほど腫れや内出血が長引くこともあります。

基本的には抜糸後の腫れや内出血は2~3日で治まるので、日常生活にもそんなに支障はありません。

クリニックによって異なりますが、洗顔やアイメイクは翌日から、コンタクトは2~3日後からOKとしているクリニックが多いです。

手術直後は二重整形のダウンタイム同様に飲酒や運動など、血流が良くなる行動は腫れが長引いてしまうので、控えましょう

糸を取らなくていい場合もある

Chel 二重整形 埋没法 切開法

必ず抜糸が必要ということはありません。糸を取らなくても二重を改善できることはあります。

埋没法で幅を広げたい

再手術で幅を広げたいのであれば、新たなラインに糸を留めることで、今まぶたに入っている埋没法の糸は抜糸しなくても大丈夫な場合が多いです。

以前の糸が邪魔して三重になる方もいるので、まずは医師に二重の状態を診てもらいましょう。

埋没法の糸がゆるんだ、または取れた

埋没法の糸がゆるんだり取れたりした場合、必ず抜糸が必要というわけではありません。

医師がまぶたの状態を診て抜糸は必要ないと判断したら以前の糸は抜かず、新しい糸を留め直すことが多いです。

糸はまぶたに残っていても問題はないですが、やり直しが何度もできるわけではないので、詳しくはこちらも参考にしてみてください。

二重整形をやり直したい! 2回目以降の埋没法、切開法について
「埋没法の糸が取れて一重に戻った」「整形で作った二重が気に入らない」「もっと幅を広くしたい」「切開法をやり直したい」などの希望を持つ二重手術をやり直したい方が知っておくべき情報を分かりやすくまとめた記事です。二重整形の再手術、リスク、埋没法の保証期間中のやり直しについてなど、2回目、3回目の二重整形での注意点を詳しく解説しています。

再手術で二重切開法を希望する場合は…

Chel 二重整形 切開法 抜糸

埋没法をした後にミニ切開や全切開法を希望する場合は、まぶたの表面を切除する際に、すでに埋め込まれている糸を取り除ける可能性が高いです。

埋没法の糸がまぶたに残っていると、自分の思ったラインにならない可能性もありますし、何度も埋没法でやり直ししている方ですとまぶたに負担がかかってしまいます。

二重切開法の際に一緒に抜糸したい場合は、医師に相談してみましょう。

他院の抜糸を受け付けているクリニックもある

Chel 二重整形 抜糸 やり直し

埋没法の抜糸は本来なら手術を受けたクリニックで行うのが望ましいですが、手術を受けたクリニックで嫌な思いをしたりしてもう受診したくないという人もいるかと思います。

その場合は、東京美容外科のように、再手術に力を入れているクリニックもありますので他院で抜糸することもできます。

他院で行われた埋没法は、〇〇法などそのクリニック独自の手術法で行っていたりして糸が取りにくいので、他院の抜糸のほうが料金設定が高いクリニックが多いです。

また、長期間経過していれば糸が見つからない可能性もあります。

埋没法で二重にしたけど抜糸したい場合は…

Chel 二重整形 抜糸 やり直し

抜糸には腫れや内出血などダウンタイムもあります。まずは二重の様子を見て、それでも納得いかない場合は抜糸を考えてみましょう。

今の二重に納得がいっていなくても、糸を取らずに済む場合も多いので、まずは医師と相談してみましょう。

また、心配な方はセカンドオピニオンに力を入れている、東京美容外科での再手術をご検討してみてはいかがでしょうか。
気になった方は、この記事もぜひ読んでみてください。

東京美容外科(新宿・銀座・赤坂・大阪など)の二重整形の予約やモニター情報など
東京を中心に全国展開している東京美容外科では、低価格で二重整形を提供するのではなく、高い技術で患者さんの満足度を高めることを優先している、技術優先の方針。東京美容外科の店舗情報やオススメポイントをご紹介していきます。

人気の記事ランキング

RANKING

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。