二重整形メディアチェルアイズ [東京]みやび形成外科 山田先生のインタビュー

みやび形成外科

インタビュー記事

院長である山田先生のインタビュー記事は以下からご覧いただけます!

クリニック基本情報

クリニック名みやび形成外科
住所東京都品川区東五反田2-3-2タイセイビル4F
交通手段五反田駅より 徒歩 3分
診療時間AM10:00~PM7:00
(日・祝はPM6:00まで)
休業日毎週木曜日(日・祝不定休)
クレジットカード各種クレジットカード取扱有り
サイトURLhttp://www.miyabi-keisei.com/

【東京・五反田】みやび形成外科の山田先生にインタビューしてきました!

東京の五反田に院を構えるみやび形成外科の山田先生にインタビューしてきました!

山田先生は、日本で初めて美容外科と掲げた大学病院であり医療としての美容外科を追求している昭和大学形成外科の出身でいらっしゃいます。

みやび形成外科は平成16年に個人院として開院されてから、確かな技術を用いて真摯な診療を続けているクリニックです。

今回は、山田先生に二重整形についてじっくりお聞きしてきました!
まぶたのお悩みをお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね。

山田先生について

美容外科医になったきっかけを教えてください。

形成外科の延長として携わり始めました。

形成外科医時代は傷跡を治したりなど、全般的に施術に携わっていました。

特に眼瞼下垂の治療を担当することが多く、その経験が美容外科に携わるきっかけになっています。

形成外科医と美容外科医の業務はほとんど同一です。

現在の私の職業は形成外科医かつ美容外科医であるという認識ですね。

 

得意な施術はありますか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

眼瞼下垂です。

当院には眼瞼下垂でお悩みの患者様が多くいらっしゃいます。

元々はまぶたのたるみから起こる症状ですが、広義では一重も先天的な眼瞼下垂の一種です。
そのため年齢関係なく診断を受けられる方がいらっしゃいます。

実は、自分自身で眼瞼下垂かどうか判断するための基準があるんです。
それは、まぶたを見た時に、目玉の中心からまぶたまでの距離を測ること。
長さが5.3㎜程あれば正常だと判断できるでしょう。

他にも目を見開く時に、眉毛が上がったり額にシワができる方や、常に黒目にかぶっていて眠たそうな方、頭痛や肩こりがひどい方は眼瞼下垂の可能性があります。

当院はそういった症状をお持ちの方にも随時対応させていただきますので是非ご相談下さい。

 

美容外科医として大切にしていることを教えてください!

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

とにかく丁寧に仕事をすることです。

例えばカウンセリングでは、患者様のお話からお悩みの内容とご希望の内容を誤解無く理解できるよう努めています。
出来る限り患者様がご希望される施術や、より良い結果が出る施術をさせていただきます。

しかし、あまりにも元のお顔とかけ離れた要求は変更を検討していただく可能性があります。

例えば大幅な二重幅の増築や、蒙古襞がある患者様の平行二重の治療は様々な部分に手を加えなければ実現不可能なため、もう一度診断を見直す例として挙げられますね。

 

先生の心に残るエピソードがあったら聞かせてください

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

患者様が施術を受けて喜んで下さった時です。

眼瞼下垂でお困りの患者様に、手術の直後に「肩が軽くなった」「頭痛がなくなった」「視界が広くなった」と言っていただけたときはとても嬉しかったですね。

患者様の印象が若々しくなるなど、仕事に良い結果が伴ったときは達成感があります。

みやび形成外科について

みやび形成外科の特徴は何ですか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

患者様第一の診療方針が特徴です。

当院では患者様のご希望に沿う形で適切なアドバイスができるよう治療を行っています。
加えて、施術の押し付けをしないことが診療の絶対条件ですね。

来院される患者様の年齢層は、30~50代の方が多いです。

もちろん若い患者様もいらっしゃいます。
未成年の患者様が保護者の方と一緒にご来院することもありますね。

また、形成外科の治療も行っておりますので、小さなお子様が転んで怪我をされた際などにもご利用いただいております。

どなたでも安心してご来院いただける親しみやすいクリニックだと思います。

 

みやび形成外科で人気の施術は何ですか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

一番患者数が多いのはレーザーを用いた治療で、連休などの際には眼瞼下垂の手術も多いです。

レーザー治療はシワ・たるみ・毛穴の開き・ニキビ跡の改善に効果的です。

当院では時間をかけてシミ取りをする治療が特に人気です。
シミ取りをしている間に同時進行で肌質が改善される点が魅力で、多くの患者様に継続的にご利用いただいております。
レーザーの機械にもによりますが、通常のクリニックではシミ取りの施術を10~20分で行います。

一方当院では、40~50分程の長い時間をかけて丁寧に行っています。
なぜなら照射時間を長くすることによって、効果の持続や肌質改善など、極端に良い結果が出るためなんです。

この施術は3~4週間毎にリピートされるほど気に入ってくださる患者様が多くいらっしゃいます。

 

先生から見た院内の雰囲気を教えてください!

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

スタッフが丁寧に患者様の対応をするので院内は落ち着ける雰囲気があるかと思います。

患者様への対応を丁寧にすること、そして分かりやすく説明することをスタッフ一同気を付けております。

当院のナーススタッフは皆女性ですので、女性の方は特に気兼ねせずご来院してくださいね。

長く働いてくれるスタッフが多いですので、チームワークが良く院内も明るい雰囲気です。

 

先生の理想のクリニック像はありますか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

患者様に満足していただけるクリニックが理想です。

治療に最善を尽くし、満足のいく結果を出し続けるクリニックでありたいです。
トラブルは0を目指し、確実に患者様の満足度が上がるように努力しています。

現在当院ではリピーターの患者様が多く、継続して治療を続けている患者様も多いことから、満足度は高いのではないかと思いますね。

二重整形について

二重整形の施術で貴院に訪れる患者様の特徴を教えてください

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

女性が多いですが、男性も増えてきています。

初めての二重整形を受けられるのは20~30代の若い患者様が多いです。
社会人になる前や進学の前などのライフステージが変わるタイミングで施術を受ける患者様もいらっしゃいます。

中高年の患者様の場合ですと、たるみによって二重幅が狭くなっていくことにお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。
そんな方は二重ラインをきちんと整えてあげるだけで若々しい目元になります。

最近では様々なメディアで取り上げられていることもあり男性の患者様も増えてきました。
特に学生の患者様は二重整形をお選びになる方が多いです。

 

人気の施術メニューは何でしょうか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

埋没法の人気が高いです。

埋没法には様々な方法があり、工夫をしているクリニックが多いです。

当院では挙筋法を主流としています。
これは外れたり緩んでしまった腱膜(けんまく)を瞼板(けんばん)に再固定する方法です。
筋肉を一切傷つけることなく、生理的な改善が見られる画期的な方法ですが、非常に高度な技術を要する手術です。
この方法で施術した患者様からは取れてしまったとお聞きすることはほとんどありませんね。

留める位置は患者様に合わせて決めますが、基本的に当院は4点留めを採用しています。
目頭から目尻まで4点しっかり留めることで、ラインが綺麗に出るうえに取れにくいですし、幅も広げやすいです。
基本的には埋没法でもきちんとした効果が期待できます。
そのため私としては、ダウンタイムなどの負担を加味してまずは埋没法を試してみることをおすすめしています。

 

ダウンタイム期間に心がけることはありますか?

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

しっかり冷やして良く休むことです。

最初の2日間程はしっかりと冷やして目を休めることが必要です。
パソコンやスマホを見てしまうとそれだけでまぶたが充血してしまうため、控えていただくようにお伝えしています。

あまり冷やしすぎるのも良くないため、保冷剤などは使わずに冷たいタオルを患部に当てると丁度いいですよ。

二重整形を考えている方に先生から一言

まずはしっかりとお話をして、施術に伴うリスクをきちんと理解することが必要です。
担当医師とのカウンセリングでは、仕上がりのイメージをすり合わせることも大事ですね。
それを受けて、“患者様本人が納得できる”ことが一番重要かと思います。

悩みを改善する方向性が定まっていないのであれば、シミュレーションという意味でも埋没法を選ぶと安全です。

埋没法は切開法と違って手直しが効くため、気に入ればそのままで良いですし、あとから切開法に変えることもできます。

とにかくリスクを隠さずしっかりと話してくれる医師を選ぶことが重要ですので、慎重にクリニック選びをしてくださいね。

編集後記

二重整形メディアチェルアイズ [東京]みやび形成外科 山田先生のインタビュー

今回は、みやび形成外科の山田先生にお話を伺いました。

院内は落ち着いた印象で清潔感があり、スタッフの皆さんが親切に迎え入れてくださる非常に雰囲気の良いクリニックです!

山田先生自身も落ち着いた雰囲気をお持ちで、インタビュー中にはとても丁寧な受け答えをしてくださいました。
記事内でお伝えした通り、施術法やダウンタイムについて詳しく教えていただけてとても勉強になりましたね。

読者の方で、二重整形が気になっている方、眼瞼下垂でお悩みの方は是非一度みやび形成外科で診察を受けてみてはいかがでしょうか?

プロフィール

二重整形メディアチェルアイズ [愛知]水の森美容外科名古屋院 西川先生のインタビュー

みやび形成外科 院長

山田 雅道
(ヤマダ マサミチ)

専門分野

眼瞼下垂

経歴

1993年埼玉医科大学医学部卒業
1993年昭和大学医学部 形成外科入局
1999年昭和大学医学部 形成外科大学院卒業
    昭和大学医学博士号 取得
2001年日本形成外科学会認定医 取得
2004年みやび形成外科開院

特記事項

昭和大学病院形成外科ほか、医局人事で多数の病院にて臨床経験を積む。
昭和大学医学部形成外科 医学博士号取得
日本形成外科学会 認定専門医
日本美容外科学会 正会員
日本美容医療協会 正会員
昭和大学医学部客員教授 その他、多数の学会の会員として論文を発表している。

公式SNSなど

医師紹介
http://www.miyabi-keisei.com/clinic/

眼瞼下垂治療専門サイト<眼瞼下垂110番 五反田みやび形成外科>
http://www.miyabi-keisei.com/gankenkasui/

Chel (チェルアイズ)|国内最大級の二重整形ポータルサイト

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。