二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

十仁美容整形

インタビュー記事

院長である鳴海先生のインタビュー記事は以下からご覧いただけます!

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

クリニック基本情報

クリニック名十仁美容整形
住所東京都中央区銀座8-9-11天国ビル5F
交通手段東京メトロ銀座線「銀座駅」A3番出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」1番出口より徒歩3分
JR「新橋駅」銀座口より徒歩7分
新交通ゆりかもめ「新橋駅」1C番出口より徒歩4分
営業時間10:00~19:00
休業日日曜不定休
クレジットカードVISA、 MASTER、 JCB、銀聯、 AMEX、 DINERS、
などの各種クレジットカードがご利用いただけます。
サイトURLhttp://www.jujinhospital.com/

歴史と伝統のある十仁美容整形」長年の経験を活かした二重整形をー 十仁美容整形 鳴海栄治

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

1938年に開業され、日本の美容整形の先駆けとなった伝統ある十仁美容整形の院長である鳴海先生に二重整形について詳しくお話を伺ってきました!

美容整形・美容外科のパイオニアとして、最先端の治療を導入しながら歴史を積み重ねてきた十仁美容整形は現在、実績と最新医療を融合させた治療に力を入れています。
また、院長の鳴海先生は目頭切開などの切開手術がお得意です。
とても丁寧に縫合してくださるので術後の傷跡も綺麗に治り、患者様から好評です。

今回は、クリニックの特徴や二重整形についてを詳しくお聞きしてきました。
「二重整形に興味があるけど、評判の良い先生じゃないと不安!」このようなお悩みをお持ちの方は是非ご覧ください!

鳴海先生について

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

美容外科医になったきっかけは?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

私の手術を通して患者様に喜んでもらえたことです。

私は元々は形成外科医でした。
形成外科は顔の骨折や先天奇形、皮膚がんなどの治療が多い外科です。
施術をしても「治って当たり前」という風潮のある中で、事故で片目と耳を失った男性の施術を担当したことが私の転機となりました。

彼には義眼を入れられるようにまぶたの再建・耳の再建の手術を行いました。
手術が成功した後に、私がこれまで施術を担当した患者様の中で一番の喜びを見せてくださったことが今でも印象に残っています。
人を“良い状態”にすることでその人を喜ばせ、人格にまで影響を与える医療行為にやりがいを感じたことが現在美容外科医になった理由です。

 

得意の分野や施術方法について

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

手術の伴う施術が得意です。

お伝えした通り元々形成外科医ですので、エラ頬削りや鼻の整形、目頭切開などを得意としています。

その中でも目頭切開の施術を行う際には、「必要最低限以上切りすぎないこと」「傷を丁寧に縫合すること」に気を配っています。
特に縫合に関しては、術後の傷跡やダウンタイムにも影響してきますので、とても大切な工程です。
一つひとつの動作に気を配りながら時間をかけて丁寧に行っています。
そのため、傷跡のないとても自然な仕上がりになるので、患者様からも好評をいただいています!

また、皮膚を切って縫い直す施術も得意です。
フェイスリフトなどの切る面積が多い手術でも丁寧に施術をしているため、傷の直りが早くとてもきれいに仕上げることができます!

 

美容外科医として大切にしていることは?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

患者様の希望に誠心誠意応えることです。

最小限の手術や費用で患者様の希望を叶えられる提案をすることを心がけています。
そのため、安いプチ整形にオプションをつけて価格を上げるような施術よりは一回で効果のある施術をおすすめさせていただいております。
それに付け加えてダウンタイムが少なくなるような手術を提案します。

また、患者様の希望を聞いた上で、こちらから無理に手術を押しつけないことを念頭においてカウンセリングを行っています。

患者様が希望される施術が効果の薄いもであったり、リスクの大きいものであったりすると判断した場合は正直におすすめできないとお伝えしております。

十仁美容整形について

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

十仁美容整形で人気の施術は?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

時期にもよりますが、春先に二重整形や鼻整形の施術をされる患者様が多いです。

若い方が進学したり社会に出たりする境目のタイミングで来院される方が多いです。

特にGW前半は手術のご予約が多いです。
休みに入る前や休みの前半で施術を受け、後半をダウンタイム期間にあてる方が多いようです。

 

海外から訪れる患者様もいらっしゃいますか?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

大胆な施術をご希望の方が度々訪れますね。

私が切る手術を得意としているため「フェイスリフト」や「二重の施術+たるみの除去」、「脂肪吸引+余った脂肪のたるみ除去」などが人気です。
日本人は切らない手術を好まれることが多いですが、海外の方は切開を希望される方が多いです。
「どうせ整形をするのなら取れない方が安心」「バレても気にしない」などとおっしゃる方が多く、国民色が出るのだなと感じますね。

また、多少痛みがあるとしてもしっかりと効果を感じられる手術を好む傾向にあります。

ダウンタイム期間中でも「観光に行ってきてもいいですか?」という患者様も多くいらっしゃって、「いいけど温泉は行かないでください」と話をします(笑)

 

院内の雰囲気はどんな感じ?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

アットホームで和気あいあいとしています。

当院はスタッフの人数が多くないのですが、仲のいい仲間で経営しているためアットホームな雰囲気があると思います。

女医も在籍しているので、女性ならではのお悩みを聞くこともできます。
なるべく患者様のお悩みに合った医師に診てもらえるように院内で調整しています。

二重整形について

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

二重整形の施術で十仁美容整形に訪れる患者様の特徴

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

初めて二重整形をされる方は埋没法を希望される方が多いです。

当院では初めての二重整形なら切らない手術の埋没法をおすすめします。
しかし、腫れぼったいまぶたの方や、幅広い二重を希望される場合などは、「埋没法では一年も状態を保てない場合が多い」という説明をさせていただき、それでも良いのか、切る手術をするのかは患者様に決めていただきます。

また、平行二重を希望する場合は、蒙古襞(もうこひだ)の大きさによって目頭切開で蒙古襞を切除しないと希望通りの二重にはならないケースもあります。
そうなると目頭切開はメスを使用する手術であるため、術後の傷跡に不安を抱く方や、整形顔のようになってしまわないか心配になる方もいらっしゃいます。
しかし、当院の目頭切開は切開する範囲や傷の縫い方に工夫をしており、術後の傷跡が目立たず自然な目元を作ることができますので「目頭切開も一緒に行ってよかった」と喜んでくださることが多いです。

 

埋没法について教えてください!

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

埋没法は糸を用いて二重を作る方法で、施術時間やダウンタイムが少ないことが特長です!

埋没法とは、まぶたの裏側から特殊な細い糸を使って二重のヒダを作って留める方法です。
施術時間が短く、痛みや腫れも少なく済むのが特長です。

患者様によって留める点数が変わるため、患者様のまぶたの状態、都合や費用と相談しながら決定します。
大体、平行型の二重を作る場合は3点、奥二重は2点です。
一か所だけ留めることもありますが、取れやすさや仕上がりの面から2点留めをおすすめすることが多いです。
また、ご希望の二重幅によっても留める点数が変わります。

ちなみに、男性の患者様も埋没法を選ぶ方が多いです。
男性の方が幅の広いくっきりとした二重を希望される傾向にあります。
就職の時期に目つきが悪くて悩んでらっしゃる方が印象をよくするために二重にしたいと施術を希望することも少なくありません。

 

カウンセリングを受けた当日に施術できたりするのでしょうか?

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

もちろん出来ます!

最初からカウンセリングと施術を希望して予約していただければ可能です。
遠方からいらっしゃる方も多いので、何度も足を運んでいただく必要がないように準備をしております。
所要時間は、埋没法でしたらカウンセリングから施術終了まで大体2時間くらいですね。

遠方からくる方にはあらかじめ写真を送ってもらうことが多いです。
来院いただく前に、写真を元に診断して施術内容や費用をお伝えしています。
海外の方もあらかじめ写真を送っていただくことが多いです。

二重整形を考えている方に鳴海先生から一言

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

まぶたにお悩みをお持ちの方はアイプチで二重にすることが多いですよね。
アイプチを使い続けて「二重のクセをつけて二重にする」という方も結構いらっしゃるのではないかと思います。

しかし、中には何年続けてもクセがつかない人もいます。
そのような方は将来的にまぶたにたるみが出てきてしまう可能性があるため早めに二重整形を受けることをおすすめします。

毎日アイプチをするのも大変ですし、皮膚がかぶれてしまうことあります。
毎日大変な思いをして二重にし続けるのなら、早めに手術を受けた方が時間とコストが削減できると思いますよ。

その際、一回の施術で完成できるような病院を選ぶことが重要なポイントです。
またクリニックを選ぶ際、あまりにも安い価格を提示している病院は避けた方が良いでしょう。

当院ではカウンセリングから施術が終わるまで責任をもって一人の医師が担当します。
一人の先生に担当してもらう方がカウンセリングと施術に矛盾も起こりにくく安心です。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

編集後記

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

今回は、十仁美容整形の鳴海先生にインタビューさせていただきました。

十仁美容整形は歴史のあるクリニックで、幅広い年齢の方が来院されるそうです。
若いころに鼻や目の整形をした方がフェイスリフトの施術を受けるなど、リピーターの方が多く信頼されているクリニックなのだと感じました。

また、口コミの評価がとても良く、患者様がおすすめされるほど評判の良いクリニックです!

院長の鳴海先生は一人ひとりのお悩みに親身になって相談に乗ってくださる優しい先生です。
明るいお人柄で、終始にこやかにインタビューを受けてくださいました。

二重整形をしたいけれど不安をお持ちの方、この記事を読んで十仁美容整形に興味を持った方、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

プロフィール

二重整形メディアチェルアイズ [東京]十仁美容整形 鳴海先生のインタビュー

十仁美容整形 院長

鳴海 栄治
(ナルミ エイジ)

専門分野

フェイスリフト系
エラ削りなどの輪郭形成術
脂肪吸引、脂肪注入の手術

経歴

1983年 北海道大学医学部卒業
1983年 北海道大学医学部第一内科
1986年 北海道大学医学部形成外科
1993年 神奈川美容外科クリニック
1996年 ナルミ美容外科
2008年 十仁美容整形
2017年 十仁美容整形 院長就任

所属学会

日本美容外科医師会正会員

公式SNSなど

公式BLOG
http://www.jujinhospital.com/blog/blog/

公式Instagram
https://www.instagram.com/jujin_ginza/?hl=ja

 

合わせて読みたい

Chel (チェルアイズ)|国内最大級の二重整形ポータルサイト

取材させていただいたクリニック

東京美容外科 ガーデンクリニック ポセンシアクリニック 湯田眼科美容クリニック ヤスミクリニック あいち栄クリニック ティーズクリニック 銀座みゆき通り美容外科 有楽町高野美容クリニック ルーチェ東京美容クリニック 大塚美容形成外科・歯科 東京中央美容外科 水の森美容外科 オザキクリニック ヴェリテクリニック プライベートスキン ビアンカクリニック 表参道スキンクリニック

取材に関するお問い合わせはこちら

Chel(チェル アイズ)

「Chel-チェルアイズ-」は二重整形に興味はあっても一歩踏み出せない方への不安や疑問を少しでも解決できるようにと思い作りました。
ぜひ一度、二重整形の事を知って不安や悩みを解決してみてはどうでしょうか。